“矢中の杜”は、筑波山麓に位置するつくば市北条地区に建てられた、昭和初期の近代和風住宅です。
建材研究家・実業家の矢中龍次郎氏が建てた邸宅 には、豪華絢爛な意匠と彼の実験成果が息づいています。
NPO法人“矢中の杜”の守り人は、主を失い永らく眠りについていた邸宅を、掃除し、少しずつ手入れをしながら、
地域の文化遺産として保存活用に取り組んでいます。


> > 最新のお知らせ <<

 

【夏期休業のお知らせ】

”矢中の杜”の守り人事務局は、
812日(土)から818日(金)の間、夏期休業とさせていただきます。

8月12日(土)は邸宅公開はお休みです。

上記期間中の事務局の電話は、留守番電話での対応となります。
事務局宛メールについては、通常より少しお返事に時間をいただくことになります。
8月19日(土)から、通常通りの対応とさせていただきます。
ご協力いただけますようお願い申し上げます。

 

【秋の邸宅活用企画を募集しています!】

10月28日から11月5日に開催される「筑波山麓秋祭り」期間中に、矢中の杜の邸宅の各部屋を活用して企画を実施してくださる方を募集しています!

一緒に矢中の杜の秋を盛り上げてくださいませんか?

募集案内等の詳細は、ブログ記事「秋の邸宅活用企画募集します!」にてご案内しています。ご覧ください!

 

【ブログにて、矢中の杜の守り人たちが様々なテーマで連載しています】

これまで掲載していたイベント情報や活動報告に加えて、矢中の杜の守り人たちが少しずつ、いくつかのテーマで連載をしています。

矢中の杜の様々な魅力を伝える「矢中の杜へようこそ」

施主である矢中龍次郎氏について紹介する「龍次郎さんのこと」

NPO創設メンバーが語る「矢中の杜活動史」

…と、守り人たちのそれぞれの感性や語りが活かされた、面白い連載ばかりです。

各連載とも定期的に更新していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

>> 矢中の杜 Facebookページはこちら

イベント情報はじめ、日々の活動の記録、スタッフのちょっとした一言、邸宅や庭園の日々の風景など、随時更新しています。

ぜひご覧ください。