作成者別アーカイブ: nakamura

Tea to Te —御殿まるごとマーケット出店者紹介③

別館迎賓棟の5畳間には1日ずつ別のお店が登場。
3月31日は「Tea to Te」さん。
スリランカと日本の母親たちによるオリジナルフェアトレードグッズの販売です。色鮮やかなスリランカのオーガニックコットンを素材に、スリランカと日本の母親たちがつくりあげたもの。一目で明るい気分になれる、小物が並びます!
前回の御殿まるごとマーケット出店を機に、私たちNPO法人の賛助会員になってくださいました!
今回は紅茶や洋服の販売はありませんが、Tea to Teの詳しい情報はこちらから。
https://teatote.thebase.in

 

     

ポラーノ —御殿まるごとマーケット出店者紹介②

別館迎賓棟2階、暖炉のあるお部屋に出店してくれるのは、「ポラーノ」さん。今回初出店のアーティストさんです。
ポラーノの澤村木綿子さんは、茂木を拠点に創作活動をしているアーティスト。
アクセサリーや絵葉書を制作したり、紙芝居を作り演じたり、精霊をまとう作品の制作などで活躍中です。
今回のマーケットでは、絵本の制作に向けて描きためた絵葉書サイズの小さな絵、プリントした絵葉書や小さなアクセサリーを販売。絵本の原画の展示もあるそう。必見です!
https://polarno.tumblr.com

つづり —御殿まるごとマーケット出店者紹介①

別館迎賓棟2階に出店してくれるのは、「つづり」さん。

益子にある暮らしに寄り添う日用品を扱う商店と、玄米菜食の食堂です。今回、商店からは器・雑貨・服・染物。食堂からはマクロビオティックのお菓子がやってきます。

 

邸宅の一番奥のお座敷で、つづりさんの世界を味わってください。
https://www.facebook.com/tsuzuri.mashiko/

  

御殿まるごとマーケット2018 入場料のお願い

毎年春に開催している御殿まるごとマーケットは、今年で4回目を迎えます。
毎回少しずつ変わっているマーケットですが、今回は大きく違うことがあります。それは、入場料をお願いしたいということ。

矢中の杜(旧矢中邸)は、北条出身の実業家矢中龍次郎氏によって、昭和の時代に建てられた貴重な邸宅です。私たちは矢中の杜を大切に守っていきたい。しかし、古いものを残していくのは、大変なことです。2度と得られない宝を残していくため、みなさまのご協力をいただきたいのです。

これまでの3回、矢中の杜を知っていただく機会を増やしたい、気軽に立ち寄っていただきたいという思いで入場無料で開催してきました。4回目 ……

「全文表示」

御殿まるごとマーケット2018 案内チラシ配布開始!

3月31日(土)、4月1日(日)に開催される「御殿まるごとマーケット2018」

チラシの配布が始まりました。矢中の杜はじめ、いろいろなところに置いていただいていきますので、お手に取ってみてくださいね。

出店者さんの情報もしっかり掲載しています!

ダウンロードはこちらから。
御殿まるごとマーケット2018 チラシ

来週からは出店者のご紹介も始まります。

お楽しみに!

 

【御殿まるごとマーケット 開催のお知らせ】

【御殿まるごとマーケット2018 開催です!!】

かつて「矢中御殿」と呼ばれたほど豪華な旧矢中邸。
その“御殿”を余すところなくまるごと使って、センスとエネルギー溢れる出店者による唯一無二のマーケット!
4回目となった今回は「乙女のつくば道2018」の期間に開催です!

《日時》
3月31日(土)~4月1日(日)
10:00~16:00(最終入場15:45)
雨天決行

《入場料》
お一人様200円(邸宅維持修繕協力金として)(中学生以下無料)
入場料と引き換えに、矢中の杜のリーフレット、オリジナルポストカード1枚を差し上げます。

*矢中の杜は、ボランティ ……

「全文表示」

龍次郎さんのこと その32ー龍次郎さんと衛生

龍次郎さんの書かれた文章や、記事を見ていくと、「公衆衛生」という言葉や考えが度々出てくることがわかります。公衆衛生とは、人が健全に生活できるための社会活動のこと。龍次郎さんが生きた時代、公衆衛生への対策は近代化の大きな柱の一つでもあり、病気から個人や社会集団を予防するためのシステムとなったのです。「衛生」という言葉は、一種の流行でもあったのだそう。

明治以来、国内でコレラが流行するなど、海外からやってきた新たな病原菌への対策が必要となり、何よりも文化的に西洋に追いつくよう、西洋風の公衆衛生の考え方が取り入れられたのだそう。新しい概念である「衛生」を広く人々に宣伝するための啓蒙機関として明 ……

「全文表示」

守り人日記〜2月3日〜

こんにちは、守り人Iです。
今日は少々マニアックになりますが…守り人たちは驚き、喜ぶことうけあいのネタです。

知る人ぞ知る、そしてここ最近守り人の間でも人気なのが、本館居間の襖絵。

現物は経年劣化で日焼けして色も変わり、少々傷んでしまっているのですが、

なんと!!

この襖絵の元の襖紙が残っていたのです!!

そろそろと広げてみると…

白い紙の上に、銀箔で模様が描かれているではないですか!!
光の当たり具合で、多様な彩りを放っています。

これを見た守り人たちからは、今の襖絵とのあまりの違いに驚き、そして銀箔のあまりの美しさに感嘆のため息が漏れたのでした ……

「全文表示」

守り人日記 〜1月27日〜

こんにちは。守り人Mです。
雪が降ってから数日経ちましたが まだあちこちに雪が溶けずに残っており 寒波も相まって道にもひと気がなく 矢中の杜にも静かな時間が流れています。
でもそんな中よーく眼を凝らしてみると 庭の石蕗の株が以前よりしっかりしていたり、木蓮の枝先に可愛い産毛の新芽がでていたりと ただひたすらにいつ冬が終わるのかと思っていた私に もうすでに春は始まっているんだよ。と教えてくれているようでちょっとほっこりした一日となりました。