2017年4月23日

守り人日記 〜4月22日〜

守り人Nです。
この時期に落葉する常緑樹の葉のことを「常盤木落葉(ときわぎおちば)」というのだそうです。
この季節の季語になっている優雅な言葉。
掃除中、私が思いついた言葉は、「多勢に無勢」でした。

2017年4月21日

矢中の杜のポストが綺麗になりました♪

【矢中の杜のポストが綺麗になりました♪】

今日は金曜日なので、邸宅公開の日ではありませんが、午後に筑波高校の生徒さんたちが授業でボランティア作業に来てくれる日のため、午前中から矢中の杜を開錠し、少し作業をしました。

その作業というのは、「ポストの塗り直し」です。

約5年前に製作、設置した矢中の杜のオリジナルポスト。
風雨にさらされ、かなり劣化してしまっていたので、塗り直しました。

↓after

↓Before(ボロボロですね…)

ビフォーアフターの写真を ……

「全文表示」

2017年4月20日

龍次郎さんのことーその24 もっと知りたい。

龍次郎さんのこと。もっと、知りたいことがたくさんあります。
野次馬的な関心事から、実際の業績に至るまで、ついつい興味津々になってしまいます。

矢中の杜には、十九夜講の講中の縁台があったり、龍次郎さんが町内会に当時寄贈したものが、戻ってきたりと、実際に残る品物から、北条の街の中での龍次郎さんのことがわかるのではなかろうか。街の中でどのように暮らしておられたのかは大変気になるところです。

会社を起こされ、数々の発明、特許を取られた際、お仲間がおられたはず。
特許書類の中でお見受けするお名前が幾つかあり、また、矢中の杜に残る書類にも手がかりがありそうですが、それはどんな方たちだったの ……

「全文表示」

2017年4月16日

守り人日記(4月15日)

守り人Tです。
いきなり晩春の陽気となり、シャツ姿で開館準備。
お掃除途中で早くも最初の見学者がお見えになりました。
借景ながらも自慢気に、 邸宅から見える筑波山や桜の風景をご紹介。
東京や神奈川からおいでになる方もおり、説明にも力が入ります。
午後から夕立もありましたが、 今頃が見学にはいい時期かもしれません。

2017年4月13日

矢中の杜活動史 第28回—Tsukuba × Tokyo②

こんにちは、早川(公)です。
今回は、第26回の活動史の続きです。

TxT。
ティー・バイ・ティー、と読みます。
つくばと東京を掛けてつなげる。
当時、開通して数年の「TXつくばエクスプレス」にも係っているプロジェクト名ですね。

TxTのプロジェクトの第一弾は、2010年5月22日に開催された「フォトトランプinつくば」というイベントでした。
「フォトトランプ」というのは聞きなれない言葉かもしれませんが、ワークショップの一種で、トランプの番号や絵柄を想像させる意匠を探してまちをめぐる、という「遊び」です。
矢中の杜ではフォトトランプWSの後のまとめの場所として使ってもら ……

「全文表示」

2017年4月9日

守り人日記(4月8日)

筑波山麓の北条の桜も満開となった公開日。
しとしとと静かな雨の中、 たくさんのお客様がお越しくださいました。
我々スタッフもガイドモードフル回転で嬉しい悲鳴を上げつつの楽 しい時間となったのですが、ふと気付けば、 ブログ用の写真を撮っておらず・・・。

そんなわけで、本日の写真は少々珍しい「閉館後の風景」 となりました。
公開時には雨戸を開けているため、 庭と室内がゆったりと共存している心地よさを感じる旧矢中邸の廊 下。
雨戸を閉めると突然、 昭和30年代にはあったであろう家庭の顔が現れます。
台所から漏れる明かりに夕餉の匂いを、 居間から漏れる明かりには子ども達のドタバタする足 ……

「全文表示」

2017年4月6日

「矢中の杜へようこそ」 邸宅のお宝(かも)3

表玄関に入り、まずはそこで屋敷の豪華さに驚かれると思う。
だが目ざとい方は玄関ホールの隅に置かれた、この楽器に目がいくようである。
オルガン?子供用のピアノ?などと聞かれるが、コンパクトながらもきちんとしたカワイ楽器製のピアノなのだ。

あまりにもコンパクトにできていて、譜面台が前屋根の中に収納されている。
株式会社河合楽器製作所さんに問い合わせたところ、昭和23年に戦後初めて製造されたNo.101というモデルらしい。
空襲で会社工場が全焼してしまったので、詳細な資料は残っていないらしいが。

同社の資料館には同型のピアノが残っており、以下その説明書きを引用させていただ ……

「全文表示」

2017年4月2日

「国登録文化財巡りin北条」開催しました

4月1日(土)、「国登録文化財巡りin北条」が開催されました。
「ゆけゆけ乙女のつくば道2017」開催で、街の人出も多く、賑やかな4月の始まりとなりました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

当日4月1日は、思いがけずに寒い1日でしたが、全員参加で元気に見学となりました。
ツアー最初は、「北条ふれあい館」としても使われている「旧田村呉服店」さん。
北条街づくり振興会の坂入会長がガイドしてくれました。北条の歴史から、街の特徴などの概要を伺った後、大正時代に呉服店として建てられた建物を見学です。黒漆喰に寄棟の2階部分が2棟連なった店蔵の姿は、特徴的 ……

「全文表示」

2017年4月1日

守り人日記(4月1日)

こんにちは。守り人Nです。
乙女のつくば道2017でのイベントで、北条の登録文化財を巡るツアーが開催されました。
一緒に見学させてもらって、大満足。矢中の杜は一日中賑やかでした。

2017年3月31日

矢中の杜活動史 第27回—NPO立上げ当時の資料から

こんばんは。寺尾です。

突然ですが、春といえば引越しの季節ですね。
私事ですが僕も転勤になり、部屋を片付けていたところ、NPOの立上げの頃の資料が見つかりました。今となっては当時の様子を示す貴重な資料なので、少しだけお見せしたいと思います。自分でも半ば忘れてしまっていましたが、当時はミーティングもかなり密にやり、ビジョンにミッションに、それとそれを具体的な活動に落とし込む事業計画について、と練っているところでした。その密度、考えたこと等、自分で見返してもなかなか驚いたものです。

僕の記事では、できるだけ当時の雰囲気が伝わるように写真をできるだけ掲載するようにしてきましたが、こうい ……

「全文表示」