2017年2月18日

ひな飾り!

守り人Mです。2月18日の邸宅公開では、お客さんの合間を見て例年邸宅内で飾っているひな人形を出しました!

 

豪華な7段飾り。もちろん台から設置です。

力を合わせて飾っていきます。

日本の手仕事のきめ細かさを感じます。

 

完成!飾っていても心がうきうきしてきます。

 

来週も25日土曜日は邸宅公開日です。ぜひひな祭り気分を味わいに矢中の杜へおいでください♪

2017年1月6日

1月14日(土)から公開です

年始は1月14日(土)から公開です。

玄関前の白木蓮、春に一番に咲く花ですが、蕾がぷっくりと大きくなってきました。
今年も皆様のお越しをお待ちしています。

 

2017年1月1日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

旧年中は、矢中の杜をご支援いただき
誠にありがとうございます。
本年もよろしくお引き立ていただきますよう、おねがい申し上げます。

皆様に幸多い年になりますよう
お祈りいたします。

2017年 酉年 元旦

2015年1月10日

2015年活動初めです!

あけましておめでとうございます!

今日は2015年公開初めの日でした!
快晴で新年の活動を始めるにはピッタリな陽気(ただ、風は強かったですが…)

気持ちも新たに、というわけで展示も新年仕様になりました!

まずは、別館玄関にて、羽子板などのレトロなお正月飾り。


昨年の手ぬぐい展も手掛けた、NPOメンバーIさんによるお正月展示。
レトロなモノの収集が趣味というIさん、さすがの展示です。

今年の干支の羊柄の手ぬぐいも!かわいいです♪


館2階、階段を上ったところには「めでたづくし」の紋切り飾り。

昨年11月に行った「たてもの文様帖ワー ……

「全文表示」

2014年10月24日

筑波山麓秋祭り2014開催(10/25~11/3)につき、矢中の杜は土日祝日邸宅公開を行います!

いよいよ明日から「筑波山麓秋祭り2014」が始まります。
イベント全体の会期は10月25日~11月3日です。

その間、矢中の杜では土日祝日に邸宅公開を行い、また11月1日は公開と並行して「たてもの文様帖ワークショップ」を行います!
邸宅公開の詳細は以下の通りです(^^)/
ワークショップについては、一つ前の記事をご覧ください!


《矢中の杜邸宅公開》
国の登録有形文化財にもなっている近代和風住宅「旧矢中邸」をガイドによる見学ツアー制で一般公開します。
また秋祭り期間中の特別展示として、邸宅所蔵の昭和レトロ本を展示します!料理本、手芸本、旅行本、婦人雑誌の付録など、楽しい ……

「全文表示」

2014年9月14日

日本ナショナルトラストの見学会


NPOがお世話になっている、公益財団法人 日本ナショナルトラストの会員の方々が見学に来られました。
ちょっと毛色の違う建物ですが、楽しんで頂けたでしょうか・・・。
昭和前期の建築物は、意外と見過ごされているようです。
屋敷は特に、不思議な構造をしていますし。


屋敷ではちょうど、別館の取り壊された離れの基礎の改修工事が始まったところです。
この工事に補助金が使われているので、ボランテリアの説明にも熱が入りました。
3/4世紀前の建築当時とは環境が大きく変わり、傾斜地を保持するコンクリート壁にかなりの損傷が見られるのです。
近隣への影響とともに屋敷自体の存亡にも関わる事態 ……

「全文表示」

2014年4月26日

武者飾り

風薫る清々しい季節となってきましたね。
端午の節句を目前にして、鎧兜が飾られました。
旧矢中邸の雰囲気と相まって、なかなかよい風情となっています。
筑波山麓を散策の折には、ぜひ北條地区にも足を向けていただき、『矢中の杜』もご堪能いただけたら幸いです。
不思議と落ち着けるこの空間を楽しむには、今はとてもいい季節ですよ。

2014年2月14日

【2月15日】邸宅公開中止のお知らせ

こんばんは。
関東も2週連続での大雪で、びっくりですね。

先週に引き続き、2月15日(土)も、悪天候のため邸宅公開は中止といたします。
楽しみにして下さっているところ大変残念ですが、次の公開日をお待ちください。

次回は2月22日(土)の予定です。来週は晴れますように!

2013年11月3日

矢中の杜特別公開


筑波山麓秋祭りも、いよいよ終盤の三連休です。
矢中の杜の見学も、この期間はいらっしゃればご案内する特別バージョン。
有難い事に次々と見学される方がいらっしゃるので、スタッフもおおわらわでの対応です。
わざわざ遠くから来られた方も、機会が無く初めていらっしゃった近所の方々も、十分楽しんで頂けたら嬉しいです。

そして今日は『ほうじょういち』も行なわれた為か、ひっきりなしの見学者。
ガイドもフル回転でご案内しましたが、忙し過ぎて至らないところがありましたらご容赦ください。
休憩どころか昼食もなかなか食べられなかったですが、感心して喜んでいただけると、ついついガイドにも熱が入ってし ……

「全文表示」