2018年4月26日

龍次郎さんのこと その33 ー龍次郎さんと家事

矢中の杜は昭和13年から建てられた邸宅で、近代和風建築です。邸宅を見学していると、豪華な装飾や銘木、格式の高い建築様式などが目に止まります。加えて、建具や収納の多さも特徴的。風の通りや換気を十分にとりながら、座敷と台所などのバックヤードをわける建具が設置されていたり、こんなところにも!という小さなスペースに収納が設置されていたりと、細やかな作りです。

明治11年生まれの龍次郎さんのこと、ご自分で家事をなさることなどなかったであろうと思われますが、建てられた矢中の杜を見ていると、家事労働にも理解があったのではと思います。

大正から昭和の戦前までは、家事労働が最も大変だった時代と言われ ……

「全文表示」

2018年2月8日

龍次郎さんのこと その32ー龍次郎さんと衛生

龍次郎さんの書かれた文章や、記事を見ていくと、「公衆衛生」という言葉や考えが度々出てくることがわかります。公衆衛生とは、人が健全に生活できるための社会活動のこと。龍次郎さんが生きた時代、公衆衛生への対策は近代化の大きな柱の一つでもあり、病気から個人や社会集団を予防するためのシステムとなったのです。「衛生」という言葉は、一種の流行でもあったのだそう。

明治以来、国内でコレラが流行するなど、海外からやってきた新たな病原菌への対策が必要となり、何よりも文化的に西洋に追いつくよう、西洋風の公衆衛生の考え方が取り入れられたのだそう。新しい概念である「衛生」を広く人々に宣伝するための啓蒙機関として明 ……

「全文表示」

2018年1月25日

龍次郎さんのこと その31 ー龍次郎さん、荏原へ

龍次郎さんが満州から戻られて、油脂化工社を起こされたのは東京府荏原郡平塚村大字下蛇窪、現在の東京都品川区二葉町です。(*現在の株式会社マノールの本社は東京都足立区です。)大正10年(1921年)のこと。

大正12年9月1日、首都圏を関東大震災が襲います。地震そのものによる被害のほかその後の火災の被害が大きかった東京ですが、東京府荏原郡平塚村の周辺は、大きな火災の被害はなかったそうなのです。開いたばかりの会社のある地域が未曾有の災害でも多少なりとも被害が少なかったことは、不幸中の幸いとも申せましょうか、大変ありがたいことだったでしょう。

とはいえ、大震災と呼ばれる災害は、事業にも暮ら ……

「全文表示」

2017年11月23日

龍次郎さんのこと その30-龍次郎さん、冬を過ごす

矢中の杜で毎週土曜日に開催しているガイドツアー、必ずご説明するのが、邸宅全体に施された換気の工夫です。
建材の研究家である龍次郎さんは、ご自身が建てる邸宅を千年住宅として計画されました。日本の気候には木造建築が最も適している、その上で、その弱点を克服する工夫を凝らして、長くつかえる建物を、と設計されたのです。
木造建築の大敵である湿気を、室内から屋根裏、そして外部へと排気して、木材や他の材料を守る工夫は、見事なまでに大活躍。静かに現在も邸宅を守ってくれています。

ですが、換気量が多いということは、冬の外気を取り込む量も多いということ。しかも穏やかな気流が発生しているはずなので、冬場の ……

「全文表示」

2017年8月31日

龍次郎さんのこと その29ー龍次郎さん、噂になる。

平成2年に発行された「筑波町史」の中で、「筑波工業株式会社」というスレート製造・販売の会社が紹介されています。のちに「筑波スレート株式会社」となり、旧筑波鉄道の北条駅前にある会社です。この会社が作られるきっかけは、龍次郎さんだったらしいのです。

「筑波町史 下巻」に筑波工業株式会社の開業動機が記載されています。

「動機は、矢中竜次郎と言う人物が東京でセメント瓦の製造・販売でかなり成功した、というところにあった。」(筑波町史 下巻 P.403より引用)

引用は原文のままですので、お名前の漢字が間違っていますよ、と言いたくなりますが、これはまさしく龍次郎さんのことでありましょう。 ……

「全文表示」

2017年7月27日

龍次郎さんのこと その28ー龍次郎さん、夏を考える

暑い日が続いています。加えてこの湿気!
日本の夏の特徴とはいえ、今年は格別なようです。

矢中の杜にはクーラーがありません。その代わり、湿気をためこまない工夫が建物全体に施され、さらりとした空気と吹き抜ける風が涼を感じさせてくれます。

満州で私立化学研究所をおこした龍次郎さん、その後日本に戻り、大正10年に油脂加工社を設立。セメント防水剤「マノール」を引っさげての帰国ですが、そのきっかけの一つとなったのは日本の気候、特に夏の多雨多湿の気候です。

以前もご紹介した龍次郎さんの著した冊子「風土と建築」にも、防水、防湿がいかに日本の建物にとって大切かが切々と訴えられています。
人 ……

「全文表示」

2017年7月6日

龍次郎さんのことーその27 龍次郎さんの本棚、続き。

前回に引き続き、矢中の杜の本棚にある本を見てみましょう。
本棚を開けてみると、吉川英治の本も多く、さすが当時第1線の人気作家だと思えます。他に実用書の類、歴史小説などが収められています。
それらの中に、「小学生の学習事典 五年生」が残っています。
もちろん子供向け。本棚の中では少々異色です。

先日龍次郎さんのご親戚で、当時の矢中の杜に暮らしておられた方が、訪ねてきてくださいました。色々と貴重なお話を伺えて、ありがたいことでした。そのお話の中に、子供の頃、龍次郎さんに、勉強を教わったという思い出が!

「新聞を読んで、わからない言葉があれば、そこに線を引いて、後で調べるようになさ ……

「全文表示」

2017年6月22日

龍次郎さんのことーその26 龍次郎さんの本棚 

矢中の杜は、昭和の邸宅として、豪華な姿を見せてくれますが、なぜだか妙に居心地がいいとよく言われます。その感覚の元になるのは、当時の調度品がそのまま残されていて、暮らしが垣間見えることにあるのではないでしょうか。

本館にある書斎には本棚が二つあり、中には本も残されています。
通常は非公開ですが、本棚を開けて、まず目につくのは将棋と囲碁の本。
特に将棋に関する本は「将棋大観 上・下巻」「これを読めば必ず強くなる 最新将棋必勝法」「将棋一路」「将棋の急所(平手編)」などなど数冊見つかります。

 これら全てが龍次郎さんのものなのかどうかは、わかりませんし、ご家族の本かもしれません。 ……

「全文表示」

2017年5月25日

龍次郎さんのことーその25 龍次郎さんのタイル

矢中の杜を訪れた方が、邸宅に入って一番最初に目に入るのが、玄関の床にみっしりと貼られたタイルでしょう。布地を押し付けたような模様の入った「布目タイル」。ニュアンスのある柔らかな風合いが目を引きます。
サンプルとしておいてあるタイルの裏をめくると、「泰の字を3つの円が囲むマーク」が付いていて、泰山タイルだということがわかります。泰山タイルは池田泰山氏による泰山製陶所で始まり、建築用装飾品として生産されました。その品格で高い評価を受けていたのだそう。

龍次郎さんと何の関係が?と思っているあなた。これからです。

「泰山タイル」のことを調べてくれた守り人仲間の資料を見て、ふむふむと思い、 ……

「全文表示」

2017年4月20日

龍次郎さんのことーその24 もっと知りたい。

龍次郎さんのこと。もっと、知りたいことがたくさんあります。
野次馬的な関心事から、実際の業績に至るまで、ついつい興味津々になってしまいます。

矢中の杜には、十九夜講の講中の縁台があったり、龍次郎さんが町内会に当時寄贈したものが、戻ってきたりと、実際に残る品物から、北条の街の中での龍次郎さんのことがわかるのではなかろうか。街の中でどのように暮らしておられたのかは大変気になるところです。

会社を起こされ、数々の発明、特許を取られた際、お仲間がおられたはず。
特許書類の中でお見受けするお名前が幾つかあり、また、矢中の杜に残る書類にも手がかりがありそうですが、それはどんな方たちだったの ……

「全文表示」