“最後の”クリーン作戦と今年度最後のつくばね学の日

今日はとても穏やかな日和でしたね。そんな昼下がり、矢中の杜は元気な声が溢れていました。

もう何年も続けてもらった、北条小学校児童たちによる「矢中の杜クリーン作戦」。
今日が最後の日となりました。
小中一貫校への統合のため、今年3月末で北条小学校は閉校するのです。

今日は3班合同だったため、大勢の児童たちが庭園をきれいにしてくれました。
1~3年生は、表の駐車場の草取りを、4~6年生は、筑波高校生と一緒に、前庭の枯れ池の落ち葉掃除をしました。
山のような落ち葉が見る見るなくなっていきました。
こうやって児童たちの元気な声を間近で聞けるのも最後なのかと思うと少し淋しくもありますが、これまでずっとお世話になった北条小学校への感謝の気持ちが溢れてきます。
ありがとうございました。

 

長い列を作って学校へ帰っていく児童たちを見送った後は、「つくばね学」の時間です。

今日は、お雛様を飾ってもらう日です!
矢中の杜で飾るのは、寄贈していただいた7段のお雛様。
高校生にとっては、これもまた初めての経験となったようです。

急遽、雛飾りのベテランの(?)北条街づくり振興会の会長にも助太刀いただいて、みんなであーでもないこーでもないと言いながら、無事に実習時間内に飾り終えました!

 

これから1か月間、お雛様が皆さんをお迎えしてくれますよ~!

つくばね学の方も、今年度の実習は今日で終わり。
春休みを挟んで、また4月から再開です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です