邸宅お掃除

image019

約40年間にわたって空き家となっていた旧矢中邸は、邸宅・庭園とも荒れ放題となっていました。平成20(2008)年秋から有志で掃除を始め、一部屋ずつきれいにし、使えるようにしてきました。邸宅清掃は“矢中の杜”の活動の原点であり、NPOの活動の大切な柱として位置づけています。

現在は定期的な清掃活動のほか、空き時間などを活用して、NPO会員や地域の方々、ボランティアの方々を交え、邸宅や庭園の清掃活動に取り組んでいます。手を付けられていなかった部屋の清掃や、米ぬかを利用した床磨き、庭園の除草や植栽・整備などを行っています。

 

掃除の記録

活動当初からの邸宅お掃除の様子を、写真とともにお見せします。

邸宅

活動開始当初は、邸宅の中は埃だらけ、クモの巣だらけでした。

雨戸を開けばヤモリさんとこんにちは。

「今日はこの部屋」と決めて、床に壁に柱に天井に、徹底的に磨きます。

押入れや倉庫の隅っこまで、少しずつきれいにしていきました。

image001 IMG_6378

できあがり!

こうして、一部屋一部屋、進めていきます。

image024

床板は、地域の方に糠を分けていただき、糠ぞうきんを作って磨きます。

元々の素材が良いこともあり、磨くだけでピカピカに。

昔ながらの生活の智恵を再発見です。

nuka4 nuka1

 

傷んだ部分は修理もします。

自分たちで壁の漆喰も塗ってみました。

kabenuri

出来上がりはこんな感じ。

職人さんのようにきれいにはできませんが、できるところは自分たちでも直します。

IMG_1647

地域の職人さんを講師に招き、障子を貼る体験イベントも行いました。

まっすぐに貼るのは、なかなか難しいもの。

shouji

庭園

初めの様子。

その昔、毎日庭師さんが2人で手入れしていた庭園も、さながらジャングルのよう。

庭石は草に埋もれ、蔓が地面を覆い、通り道もないほどでした。

IMG_7000 IMG_6980

撤去した枯れ木の処理。

IMGP2453

そんなわけで、 “矢中の杜”の庭掃除の基本は草取りです。

地域のばあばの手際の速いこと速いこと!

IMG_6962

長年積み重なった落ち葉が土になり、池も小川も踏み石も埋まっていました。

少しずつ掘っていくうち、元の形が浮かび上がって来ます。

まさに「発掘」ですね。

IMGP1676 IMGP1736

会員の造園屋さんのご協力により、庭木の剪定もしました。

かなりすっきりとしました!

IMGP2092

番外編

ときどき、お掃除の日のお昼は、カレーを作って、みんなでワイワイ食べています。

最近では、理事長が腕を揮って、毎回こだわりの新メニューを披露しています!

中にはカレー目当ての人もいるとかいないとか(笑)

IMGP2333

↑土鍋に盛りつけてみました^^

いただきます!

IMGP2332

※※※

邸宅掃除は一巡しましたが、掃除に終わりはありません。

(春から秋にかけては、雑草たちとの闘いです…^^;)

長く活動していても、掃除をすることで、新たな発見があったり、邸宅の細部の造形に気づいたりします。また、掃除をすればするほど、邸宅に対する愛着もより一層湧いてきます。今後とも、地道に進めていきたいと思っています。