11月「暮らしのなかの陶」展 のお知らせ

11月6日(土)より、現代陶作家による作品展、『「暮らしのなかの陶」展 』を昭和の邸宅「矢中の杜」を舞台に開催いたします。

今回は、矢中の杜の中でも居住空間として建築された本館が主な会場。「暮らしの空間」を意識した現代陶作品の展示です。

現代陶作家として活躍する、毛塚友梨(けづかゆり)、大井真希(おおいまき)のお二人の作品を通して「暮らし」と「表現」の関係性を体感してください。秋の矢中の杜でお待ちしています。

■「暮らしのなかの陶」展

会 期:2021 年 11 月 6 , 7 , 13 , 14 , 20 , 21 日     (土日全 6 日間)

開 館:11時~16 時 (入場は15時30分まで)

入場料:800 円(中学生以下無料/邸宅維持修繕協力金を含む)

会 場 :矢中の杜(茨城県つくば市北条 94-1) 

参加作家:

毛塚友梨(けづかゆり) https://www.yurikezuka.jp​​

大井真希(おおいまき) https://www.makioi-works.com/

共同開催:

gallery neo_(合同会社ネオつくばプロジェクト) https://neotsukuba.com

NPO 法人“矢中の杜” の守り人

*感染症対策のため20名程度で随時人数制限があります。

*感染症の状況により変更の可能性がございます。最新の情報はこちらでお知らせしてまいります。

■ご見学の皆様へのお願い

・マスクの着用をお願いします。

・手洗い、手指の消毒などにご協力ください。

・ご来場の際「いばらきアマビエちゃん」のご利用、もしくは、連絡先の記載にご協力ください。

・熱、咳など体調の悪い人は来館をご遠慮ください。

・靴下の着用にご協力ください。(邸宅保護のため)

「矢中の杜 」はつくば市北条出身の実業家、矢中龍次郎氏によって建てられた昭和の邸宅であり、国登録有形文化財です。革新を追求しながらも伝統を重んじたその空間は、多彩で 豊かな意匠を通し、今なお新鮮な驚きを与えてくれます。  

そんな矢中の杜で、アート作品とともに一息ついていただく時間を過ごしてください。

■お問い合わせ先

【展示・作品について】

gallery neo_( 合同会社ネオつくばプロジェクト ) 

 Email: info@neotsukuba.com

【会場について】

NPO法人”矢中の杜”の守り人 事務局

TEL :090-6303-4531(受付:10:00-17:00)

Email: yanaka.no.mori@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です