作成者別アーカイブ: nakamura

筑波山麓地区の動画が登場

筑波山麓秋祭りのHPに各地区の紹介動画がアップされました。

今は春ですが!、秋祭りの様子を眺めながら、山麓の雰囲気をお楽しみください。

毎年秋に開催されている「筑波山麓秋祭り」は、筑波山の南麓の5つの地区が一緒になって、実りを秋を楽し見るお祭りです。

昨年秋は残念ながら開催中止となりましたが、その代わり、地区ごとの紹介動画ができました。

これまでの秋祭りで実施されたイベントを中心に、各地区の様子をご覧いただけます。

矢中の杜のあるのは北条・平沢地域。

もちろん矢中の杜でのイベントも登場しています。[……]

「全文表示」

「観光いばらき」で「つくば道」が紹介されました

茨城県の公式観光情報ポータルサイト「観光いばらき」で「つくば道」が紹介されました。

IBARAKI Standard:筑波山周辺ガイド「つくば道」編https://www.ibarakiguide.jp/tsukuba_ibaraki-standard.html

「つくば道」は、つくば市北条を起点とする筑波山への参詣道。江戸時代から多くの参詣客が訪れました。

矢中の杜の近くにあるつくば道の入り口には、石の道標が備えられています。

矢中の杜も掲載されました。

散策にいかがでしょう![……]

「全文表示」

3/5追記【3月邸宅公開再開のお知らせ】

3月6日(土)より矢中の杜の邸宅公開を再開いたします。
6日のガイドツアーはなく、自由見学のみとなります。ご了承ください。

少しづつ暖かくなり、春が目の前です。
矢中の杜で緩やかな時間をお過ごしください。

毎土曜日と第2・4日曜日午後に邸宅公開を行なっています。
邸宅維持修繕協力金として、お一人様500円(中学生以下無料)を頂戴しています。

感染症対策のため、邸宅公開の内容を一部変更しています。
当面の間、下の通り運営させていただきます。

・土曜日のガイドツアーは休止の場合がございます。ご了承ください。

・団体のご予約は、当面お受けいたしません。

・今後の状況によっ[……]

「全文表示」

守り人日記 〜2月20日〜

春の足音を感じる穏やかな一日。

そう!今日は絶好の掛軸交換日和。
虫干しも兼ねて、いくつかの掛軸を出しつつ、本館座敷の掛軸は作者不明「聖徳太子孝養像」(写真向かって左)に、そして別館応接間は北川金燐作「聖徳太子孝養像」(写真向かって右)に掛けかえてみました。

孝養像とは、16歳の聖徳太子が、お父様の病気平癒をお祈りされているお姿ということで、その祈りにあやかり、新型コロナの早期平癒を強く願いたいと思います。

茨城県からの外出自粛要請を受けて、残念ながら、まだ公開休止中の矢中の杜ですが、守り人は日々、邸宅内や庭などの手入れや掃除をしながら矢中の杜を守り続けています。どうか一日[……]

「全文表示」

動画「身近にある花材で楽しむフラワーアレンジメント」が公開

つくばアートチャンネルで「身近にある花材で楽しむフラワーアレンジメント」が公開されました。

フラワーアレンジメント・プロデュースEmiさんによる、フラワーアレンジメント講座。庭などにある身近な花材と、普段使いの器を使った手軽に楽しめるアレンジメントを製作しながら解説してくれています。

矢中の杜を舞台にしていただきました。やっぱりお花はいいですね。

ぜひご覧ください。

*「つくばアートチャンネル」はつくば市公式の一つで、ワークショップ動画、つくば市で活躍するアーティストの活動紹介、無観客公演の様子など、アートにまつわる様々なコンテンツが配信されています。[……]

「全文表示」

守り人のお気に入り ~居心地~

本館縁側で仕事をしている様子です。

庭からの鳥の声を聞きながら、風に吹かれて仕事をすることも。

デスクは邸宅にあるちゃぶ台です。

オフィスとしても心地よく、シャアオフィス・リモートオフィスとしても使えるといいなあ。

矢中龍次郎氏にあやかれるかも。[……]

「全文表示」

守り人日記 〜2月13日〜

お雛様を飾りました。

公開はお休み中ですが、邸宅が息づくように、そしていつでも公開出来るように季節の仕事をしています。北条ふれあい館の皆さんにお手伝いいただいて、華やかになりました。

この他にも、庭倶楽部の皆さんが庭の伸びすぎた木を切ったり、取りかかれなかった障子の張替えをしたり。

スッキリ明るくなりました。

*13日夜、大きな地震がありました。矢中の杜の状況は、気になっている別館2階は無事でした。引き続き注意してみていく部分は様々ありますが、大過なく無事でした。

飾ったばかりのお雛様も、五人囃子の太鼓や三人官女の柄杓などがコロリと落ちたものの、しっかり鎮[……]

「全文表示」

美術家インタビューをノーカットで。

つくばアートチャンネルにアップされた動画「矢中の杜展覧会ができるまで」、すでにご覧いただきましたか?

邸宅の紹介とともに、矢中の杜展覧会に出展してくれた美術家の中から5名の方が、どのような視点で作品を展示したのか、美術家ご本人が語ってくれています。

でも、動画の時間制限の関係で、かなりの長さがカットに…

興味深い内容なのに盛り込めなかった部分が多いのです。

そこで、インタビュー部分のノーカット版をアップしました。

実はインタビュアーは2人いて、ネオつくばプロジェクトの山本さんとともに、北条の宮清さんが、美術専門家ではない立場からストレートな質問をぶつけています。[……]

「全文表示」