2020.07.05

7/3 つくばね学の生徒たちが挨拶に

今年度、最初のつくばね学の日になりました。昨年9月から実習にきてくれていた生徒たちとは、最後のつくばね学の日でもありました。

この4月以降は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、予定されていた実習が中止になり、最終日の今日、挨拶にきてくれたのです。

つくばね学では、昨年9月から生徒たちが、邸宅の掃除やイベント準備など、邸宅の活用を支えてくれました。

そして、かつて邸宅で行われていた「敷松葉」に挑戦してくれました。

根気のいる作業を丁寧に行ってくれて、毎回驚かされました。

完成した「敷松葉」は、私たち守り人だけでなく、見学にこられた皆さんも驚かせ、感動を与え[……]

「全文表示」

2020.07.02

庭倶楽部チャレンジ記 〜道を切り拓く〜

6月6日(土)、7日(日)、14(日)に
隊員Kさん念願の稲荷神社までの道の開削にトライしました。
矢中の杜の北西の塀の裏を通って、北条小の南にある稲荷神社までの道
腰の高さほどある草や、真っ正面を塞ぐ竹で、まさに道なき道。

初日は3人で草刈り機、チェンソー、ノコギリ、鉈とハサミで
手当たり次第に突き進むこと3時間。

道なき道が、道らしく見えてきました。

翌日、1人で入口からの直線、ドクダミとの闘い。
こう見えて、結構長い直線です。角まできっちりと。

1週空いて、仕上げの日は3人で朝6時からエンジン音を響かせてのチャレンジ。
ご近所さま、どうもお騒がせいたしました。[……]

「全文表示」

2020.06.25

【その頃の矢中の杜ー別館迎賓棟】

別館迎賓棟が見える2枚の写真をご紹介します。

矢中の杜は昭和13年〜28年にかけて建築されました。
まず最初に建てられたのは、別館迎賓棟の1階部分。
写真1枚目で、別館迎賓棟1階部分だけを見ることができます。

写真2枚目はほとんど同じ角度から撮られたもの。
別館迎賓棟の2階も庭も出来上がっていますね。

別館迎賓棟は1階と2階が違う構造になっていて、2階部分は木造です。
2階は現在傾きが発生し、見学のみの利用となっています。
傾きの進行をくい止めるための工事を、予定しています。[……]

「全文表示」

2020.06.22

守り人日記 〜6月20日版築ワークショップ〜

邸宅公開はお休みにして、東造園さんの現場で版築(はんちく)の塀を作るワークショップに参加しました。(版築は土をつきかためて重ねていく古くからある技法です)

土を配合して混ぜ合わせ、型枠の中に入れ、それを上からコンコンと突いていきます。「混ぜて・入れて・突いて」を続けていくと、準備した材料がぐんぐん減っていき、型枠の中で突かれた土が積みあがっていきます。

楽しい!
東造園さんはじめ、一緒に作業したお施主さんご家族や他の参加者に教えていただきながら、もう止まらないといった楽しさでした。

型枠がいっぱいになるまで突いて叩いて、作業終了。この後3日から1週間程度で型枠を外す[……]

「全文表示」

2020.06.01

守り人日記 ~5月31日~

30日(土)は、リモートでワークショップに参加したり、草取りなど庭の整備をしたりと盛り沢山で、そのせいか写真を撮り忘れました。

この写真は翌31日に事務処理をしている時の写真です。うって変わって静かでした。

6月から邸宅公開が始まります。守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.25

守り人日記 〜5月23日〜

雨が降ったり止んだりの中、ぬか雑巾を使って、床や柱や建具など邸宅じゅうの木部を磨きました。こんな機会なので、普段行き届かないところまで。

ぬか雑巾の威力がすごいと、少々興奮気味になりつつ、玄関前の植え込みもスッキリさせ、ぬかの威力か、自分の手まですべすべになった1日でした。

守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.18

守り人日記 ~5月17日~

邸宅と庭の掃除を行いました。メンバーそれぞれが敷地内で離れて作業をしているわけですが、ウグイスやホトトギスの鳴き声に混じって、箒を吐く音や雑巾掛けの音などが聞こえてきて、清々しい気持ちになりました。

今後の邸宅の公開に向けて、どのように公開していくか、の検討も。

昭和の邸宅の姿を壊さないように、家具の点数を減らしたり位置を変えたりして、すれ違う時に余裕ができるようにしてみたり。

ゆっくりと公開に向けて舵を切りました。

守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.02

「住まいとコミュニティづくり活動助成」採択されました!

ハウジングアンドコミュニティ財団による助成プログラム、令和2(2020)年度「住まいとコミュニティづくり活動助成」の助成対象団体に選ばれました。

http://www.hc-zaidan.or.jp/news/view/238

地域と共にある開かれた矢中の杜を目指して、庭園の整備計画を申請し、採択されました。

昨年度の奥庭の整備に続いて、表側の入り口やアプローチ部分を整備します。

矢中の杜の南北に長い敷地全体を通り庭の様にしていき、街の中の新しい道になるようにという、なかなか遠大な計画の一部になる予定です。

秋にはみなさんに参加いただいて「版築」の塀を作ろうと計画[……]

「全文表示」