2019.12.05

【12月の邸宅公開と年末大掃除のご案内】

いよいよ師走になりました。

12月の邸宅公開は、
12月7日(土)11時から16時
12月14日(土)13時から16時
の2回です。
*14日(土)はつくばね学発表会のため、午後のみの公開です。ご注意ください。

12月22日(日)は毎年恒例の年末大掃除を行います。

一年の感謝の気持ちを込めて、みんなで邸宅を綺麗にする1日。
邸宅の中で、普段掃除がしきれないところを、みんなで綺麗にお掃除します。

大掃除終了後は、お疲れ様の気持ちを込めて、お茶会を開催します。
ちょっと参加してみたいな、と思ったら、事務局までご連絡ください。

日時:12月22日(日)10:00~15:00ごろ終了[……]

「全文表示」

2019.11.27

「緑の環境プラン大賞」の表彰式に出席しました

11月25日(月)、東京の「明治記念館」にて、「緑の環境プラン大賞」の表彰式に出席しました。

先日ご報告しました「緑の環境プラン大賞」のポケットガーデン部門にて受賞した国土交通大臣賞の表彰です。

第3回「みどりの『わ』交流のつどい―都市の緑3賞表彰式―」と題されたこの式典は、公益財団法人都市緑化機構および一般財団法人第一生命財団が主催する「緑の都市賞」「緑の環境プラン大賞」「屋上・壁面緑化技術コンクール」という3賞の合同表彰式。

なんと眞子内親王殿下もご臨席なさるという、大変格式ある式典でした。

受賞者(受賞団体)のすべてに表彰状を授与する時間がないため、各賞につき代表[……]

「全文表示」

2019.11.21

11/11、18 つくばね学で「敷松葉」の準備も大詰め

少し日が遡りますが、11月11日と18日のつくばね学の活動報告です。

この2週は、今年初挑戦となる「敷松葉」の下準備に取り組みました。

(敷松葉については、こちらの記事をご覧ください)

下準備というのは、矢中の杜の庭園に無数に落ちている、大王松の葉を拾って、綺麗に揃えて箱に入れて保管する、という作業。

実際のところ、本当に地味な作業です。

高校生にとっては、この作業が何週も続くのは、果たしてどうだろうか…という心配もありましたが、おしゃべりと日向ぼっこも兼ねながら、着々と松葉を増やしていきました。

この作業を実際にやってみると、「敷松葉」とい[……]

「全文表示」

2019.11.01

11/1 つくばね学で「矢中の杜の組子展」の準備

いよいよ明日から「矢中の杜の組子展」です!

今日は、作品の搬入、展示の準備日でした。

つくばね学の日でもあるので、筑波高校の学生さんたちにも手伝ってもらって、吉田建具製作所さんと一緒に作業しました。

数々の組子作品を邸宅内に運び入れ、セッティング。中には大物の作品もあって、男子高校生が活躍してくれました。

一方、女性陣は、展示会期間中に販売する、組子コースターの袋詰めにせっせと取り組みます。さすが女性陣、細かい作業を着々とこなしながらも、しっかり話に華を咲かせていました。

準備の方が落ち着くと、吉田さんの希望により、高校生にワー[……]

「全文表示」

2019.10.22

10/18 つくばね学で古い碍子を綺麗に磨きました

10月18日は、つくばね学の日でした。

実はその前週の10月11日もつくばね学があり、この時期の風物詩、邸宅の“衣替え”ともいえる網戸と障子戸の入れ替え作業を高校生にしてもらいましたが、写真を撮りそびれていました。

障子戸が入った室内は、すっかり秋の風情です。

そして18日は、古くて汚れていた碍子(がいし)を綺麗に磨く作業を行いました。

この碍子は、矢中の杜に残っていたもので、さまざまな大きさ、種類のものがかなりの量あります。

本来の役目を終えていても、こういう古い碍子はまだまだ人気がありますね。古道具屋さんなどでも見かけます。

これらの碍子を綺麗に[……]

「全文表示」

2019.10.21

「緑の環境プラン大賞」で「国土交通大臣賞」を受賞しました

この度、公益財団法人都市緑化機構の「第30回緑の環境プラン大賞」のポケットガーデン部門にて、当NPO法人が応募しましたプランが見事「国土交通大臣賞」を受賞いたしました!

受賞のプレスリリースはこちらをご覧ください。

公益財団法人都市緑化機構ホームページ

今回応募したプラン名は「地域の文化遺産の庭園を活用した交流と体験の広場」。

対象地は、矢中の杜の庭園の中で通称「奥庭」と呼ばれている空間です。

2012年の竜巻で被害を受けた箇所(大谷石擁壁)を整備・補強して安全を確保した上で、花壇や菜園、堆肥作りエリアなどを新設し、その手入れを通じて植物や自然環境について[……]

「全文表示」

2019.10.13

台風19号、大過ありませんでした

台風19号が関東を直撃して通り過ぎました。

被災した方々、避難中の方々にお見舞い申し上げます。

まだ油断できないようですから、みなさまお気をつけてお過ごしください。

大変な台風でしたが、矢中の杜は、庭木の枝がおれたなどはあるものの、大過なく朝を迎えることができました。

2枚目の写真は中庭の池。大雨の後だけ池に水が入っている様が見られます。[……]

「全文表示」

2019.10.10

杉戸絵の修復を行いました

矢中の杜には南部春邦画伯による杉戸絵があります。

そのうち別館迎賓棟食堂にある杉戸絵は全部で7枚。壮観です。

実はこの夏、そのうちの一枚を一部修復しました。

向かって左から2枚目。葉鶏頭の茎の部分です。

この部分、他のところと違い、板の上に、茎の形の通りの和紙が貼られ、その和紙に色が付けられていました。

その和紙が浮いてしまい、このままでは絵の具の剥離なども起こりそう。

日本画の先生にアドバイスをいただいて、修復です。

建具を平置きにして、修復部分以外を養生、浮いてしまった部分をごく軽く霧吹きでしめらせて柔らかくし、でんぷんのりで板に優しく貼り付け[……]

「全文表示」

2019.09.30

守り人日記 〜9月28日〜

こんにちは。守り人Yです。

今日は朝から作業小屋が解体された跡地に「堆肥スペース」作りを行いました。

矢中の杜の広い庭で出る落ち葉や雑草を有効活用しようとする庭倶楽部のプロジェクト第一弾!

あーでもない、こーでもないと賑やかに相談しながら、ミネラル豊富な大谷石のかけらも使わせてもらって、良い枠が完成しました。

動いて楽し、矢中の杜。

仲間を随時、募集中です![……]

「全文表示」