2019.08.08

作業小屋解体工事のご報告

矢中の杜の奥庭には、作業小屋がありました。

古くなり倒壊の危険があったため、2019年7月、解体工事を実施しました。

もともと、庭師の方の作業小屋として使われていたものです。

邸宅が使われていた当時は365日、専属の庭師さんが庭の手入れをされていたのだそう。
その作業小屋だったのです。

残念ながら、すでに使える状態ではなく、台風の季節になる前に解体工事を実施したのです。

奥庭の風景が変わりました。

矢中の杜の庭も少しづつ変わっていきます。[……]

「全文表示」

2019.07.16

庭倶楽部で、「つくば牡丹園」見学!

7月14日(日)に、庭倶楽部の一環で、矢中の杜の庭園整備の勉強のため、「つくば牡丹園」に見学に行ってきました。

現在は休館期間ではあるのですが、園長の関さんが対応してくださり、堆肥づくりや雑草の有効活用、菌のことなど、とても興味深いお話を伺いました。

あいにくの雨のため、園内を散策するのは少しだけでしたが、その代わり、屋内でじっくりと庭園の整備や管理についていろいろなお話を聞くことができました。

関さんの長年の研究と実践による知識の豊富さに、一同驚くばかり。

矢中の杜の庭園整備にも活かせるヒントやアイデアもいっぱいいただきました。それを活かして、矢中の杜[……]

「全文表示」

2019.07.14

守り人日記 ~7月13日~

矢中の杜の特徴の一つ、陸屋根へのハシゴが新しくなりました。

今までのハシゴが弱ってしまったのを見かねて、守り人のKさんご夫婦が作ってくれたもの。普段公開していないところで、メンテナンスが主なのですが、丈夫なハシゴに変わって感謝感謝です。

守り人N[……]

「全文表示」

2019.07.05

7/5 つくばね学「小川発掘完結編!」

今日は、つくばね学の日でした。

4月から男子高校生3名が来てくれていますが、彼らの実習も今日が最後の回となりました。

彼ら、ついにやり遂げましたよ!!!

4月の初回から続けてきた小川の発掘作業。

こちらの想定では、前回の実習の時に到達したところまででも十分なほどだったのに、彼らの意思はそこで終わらず。

最後の最後まで、作業を続けました。

すると…。

小川の先にある、もう一つの滝の滝つぼまで掘り始め、そこにも青石が敷かれていることを発見。

さらにさらに!排水管の入り口も発見したのです!

それだけでも、こちらとしては[……]

「全文表示」

2019.06.25

「榎のマクラメ編みアクセサリーを作るWS」開催いたしました!

6月22日、榎のマクラメ編みアクセサリーを作るワークショップが開催されました。

榎の木片をペンダントヘッドにして、マクラメ編みでペンダントに仕上げます。

講師はmerciの實川さん。

今回は初心者でも仕上げられるデザインにしてくださいました。

ペンダントヘッドは、にれ工房さんで事前に加工したもの。コースターにもなった榎の木が、いろいろな形のペンダントヘッドとして登場したのです。

ペンダントヘッドを選んで、両脇の石を選び、ロウ引きの糸も色を選んで編んでいきます。

中心近くの太いねじねじの部分は、実は簡単なのだとか。

参加した皆さんもそのあ[……]

「全文表示」

2019.06.21

6/21「つくばね学」で邸宅の“衣替え”と小川発掘

今日は、午前中に庭倶楽部の平日の部で草取りを行い、午後は「つくばね学」でした。

外作業が続いていた男子高校生たちですが、今日は初めての邸宅内作業からスタートです。

この時期の矢中の杜の風物詩ともいえる、邸宅の“衣替え”。

障子戸を網戸に交換する作業です。

矢中の杜の本館の障子戸は、全く同じサイズで網戸が作られており、夏の暑い時期は障子戸を締まって、網戸をはめるのです。

ここ数年は、この作業は筑波高校生たちの役割となっています。

彼らも例にもれず、お願いしました!

障子戸から網戸に代わると、邸宅の雰囲気が一気に涼やかになり、夏に向けての設[……]

「全文表示」

2019.06.19

6月14日「つくばね学」

少し日付が遡りますが、先週の「つくばね学」の報告です!

ほどよく風が吹く気持ちのいい日、「つくばね学」は表の花壇に花の苗を植える作業から始まりました。

彼らが4月から実習に来てくれてかれこれ2か月。そのほとんどが、小川の発掘作業だったので、それ以外の作業をしている姿を見るのは少し新鮮です(笑)

いろいろな種類のお花の苗をたくさんいただいたので、花壇がいつにも増して賑やかになりました。

花壇の作業が終わると、少し休憩をはさんで、今日も小川の発掘作業です。

前回は途中で“庭の主”のガマガエルに遭遇し、そちらに夢中になってしまったようですが、今回はどうでしょう。[……]

「全文表示」

2019.06.05

にれ工房でエノキコースター作り

6月2日、にれ工房(つくば市平塚)でエノキコースター作りをお手伝いしました。

木工をなさる「にれ工房」の山崎誠治さんに教えてもらいながらの作業です。

2月に伐採した榎の木。先端に近い枝を残しておいて、山崎さんに託し、時間をおいて乾燥させ、薄切りにしてもらいました。

私たちは、スライスしたコースターを、紙やすりでせっせと磨きます。

ちょっとサボったりしながらも、かなりせっせと磨きました。そのあと、矢中の杜の判子を押していきます。

先端の方のできるだけ元気なところをと思っていましたが、やはり傷みが入っていて、それが模様になっていました。そこがかえって味のある感[……]

「全文表示」

2019.05.27

庭好き集まれ~!『庭倶楽部』始動!

皆様ご存知の通り、矢中の杜には広大な庭園があります。
この可能性無限大の庭園を舞台に、いろいろと楽しいことをするサークル活動のようなことを始めました。
その名も『庭倶楽部』!

堅いものではなく、庭が好きな人が緩ーく繋がって、その時々にやりたいこと、必要なことをやる集まりです。
NPO会員でない方でも、大歓迎です!
草取りでもいいし、剪定でもいいし、はたまた石積みにチャレンジするのでもいいし、庭で取れたモノを美味しく食べるのでもいいですよね。
庭づくりのノウハウについて情報共有するのも楽しそうです。

ひとまず、5月26日(日)の午前中に、ひっそりと始動しました!
いただいた苗を植えたり、東造[……]

「全文表示」

2019.05.10

5/10つくばね学で引き続き小川跡発掘!

今日は暑い日となりましたね。

午後は3週間ぶりのつくばね学でした。ミッションは、前回に引き続き、築山脇の小川跡の発掘作業です。

発掘作業は3回目とあって、すでに学生たちも慣れたもの。手際よく作業は進み…といきたいところでしたが、急激な暑さもあって、ちょっとペースダウンかな?

熱中症にならないよう、こまめに水分補給や休憩を取りながら、地道に小川跡の敷石を見えるようにしてくれました。

この敷石が見えるようになって、庭の風景が本当にグッと引き締まったように感じます!

小川跡の完全復活には、あと数回かかりそうですが、完了するその瞬間が今から楽しみです!![……]

「全文表示」