作成者別アーカイブ: yamasaki

守り人日記 〜5月1日〜

午後から突然の雨の日曜日。
矢中の杜グッズを補充して並べるついでに棚の引き出しを開けてみたら、明治最後〜昭和初期の品が色々と出てきました。昭和初期にしまい込まれたまま、らくがきも雑誌も小さな宝物も、ご家族のタイムカプセルのようでした。
そのなかから福助ミシンの取扱説明書を女中部屋に出してみました。お手入れ方法まで詳しく書いてあり、よく読んで整備したら、このミシンも使える日が来るかもしれません。お手にとって読んでみたい方、ミシンの復活にご興味がある方は、ぜひスタッフにお声がけください。[……]

「全文表示」

守り人日記 ~3月13日~

急に暖かくなったこの週末、玄関前のハクモクレンが一気に咲き始めました。

中庭の藪椿も、奥庭のクリスマスローズも見頃で花の季節です。

この調子だと桜も来週末くらいから開き始めるかもしれませんね。

庭倶楽部で整備を続けているお稲荷様への小道も梅や桜を見ながら散策できますので、ぜひ歩いてみてください。

草取りもやりがいが出てくる時期です。庭倶楽部へのご参加も随時募集しております!

守り人Y[……]

「全文表示」

ミモザのリースWSが開催されました

2月27日の日曜日、邸宅公開前の午前にフラワーアレンジメント・プロデュースEmiさんによるミモザのリースワークショップが開催されました。

この時期にしか手に入らないフレッシュなミモザは、見ているだけでも元気になる眩しい黄色です。

必要なサイズに切り揃えて、ユーカリの葉とのバランスやデザインを考えながら土台にしっかりと固定していきます。

皆さん黙々と作業して、完成後は並べて楽しく撮影会。午前の2時間だけでしたが、しっかり達成感を味わっていただいたようでした。

ご参加いただいた皆さん、先生、楽しい時間をありがとうございました。[……]

「全文表示」

守り人日記 〜2月13日〜

冷たい雨でどなたもいらっしゃいませんでしたが、居間を暖かくして雪見障子から庭の風景を楽しんだり、雨に濡れていっそう鮮やかになった庭石を見ながら散策したり、ヌカ雑巾で廊下をごしごしして身体を内側から温めたりしながら過ごしました。

雨の日の矢中の杜も、実はおすすめの贅沢な時間です。[……]

「全文表示」

フラワーアレンジメントのWSが開催されました

12月12日、日曜日の邸宅公開前の午前に、フラワーアレンジメント・プロデュースEmiさんによる季節のワークショップが矢中の杜で開催されました。

生花とドライフラワーを束ねたクリスマススワッグと、造花で長持ちするお正月飾り作りです。
師走の慌ただしさを忘れ、少人数で贅沢な時間、スワッグの花材はユーカリやモミの仲間などとてもいい香りです。

花材の配置はもちろんのこと、バランスや上手に縛るコツを習いながら、それでも同じ材料でも個性が出てきます。
お正月飾りには途中、お庭の熊笹や南天も付けたしたりしながら、矢中の杜での開催を充分に発揮して、楽しい作品が出来上がりました。[……]

「全文表示」

守り人日記 〜11月21日〜

「暮らしのなかの陶」展、最終日は開場前から楽しみに来ていたたいた方にまず前庭や地下室で楽しんでもらいながら、嬉しい忙しさのスタートでした。

会期中に2度目の方、お友達を誘って来ていただいた方、前を通りかかってたまたま来た方にも喜んでいただけて、大変嬉しかったです。たくさんのご来場誠にありがとうございました。

終了後には、作品はまた緩衝材に包まれて搬出されていき、通常の矢中の杜に戻りました。

暗さも楽しもうと灯籠にろうそくを灯したりして休憩したのも束の間、勢いよく作業が進みました。
雨が本格的に降り始める前には完了して帰る頃、忘れ去られていた蝋燭も無事に回収されたのでした[……]

「全文表示」

11月12日【前庭の井戸に手押しポンプがつきました!】

矢中の杜には3つの井戸があります。
みなさんから「これは何ですか?」とよく尋ねられる横井戸と、台所土間の井戸、そして前庭の井戸です。

災害時に近所にも開くことのできる水汲みの場として、まず前庭の井戸を再生して手押しポンプをつけたいという話が数年前からあり、今年度に公益信託「エコーいばらき」の環境保全基金の助成をいただき、11月12日にとうとう実現しました。

10月から4回に渡って数時間ずつ電動ポンプで水と底の泥の汲み上げを行い、中の水は随分透明できれいなものに入れ替わりました。セメントで壁がしっかり固められ、径も大きく、数時間汲み上げても底をつくことなく水量も充分です。[……]

「全文表示」

【つくばね学:「社会力」講座で紹介!】

本日午前は、つくば市「社会力」講座でつくばね学が紹介されました。

筑波高校の教室での座学の後に、矢中の杜へ移動し、実際の取り組みの場の雰囲気を感じながら生徒たちや受け入れ側の体験談を聞く、ということで参加者・関係者の方が20名ほどいらっしゃいました。

オンライン配信もされるということで朝から準備でそわそわ。時間も限られておりましたので、さっと邸宅内を案内した後、生徒たちが掘り出した中庭上段の小径で質問の時間となりました。

生徒たちからは、つくばね学を通して「コミュニケーション能力」や「周りを広く見る力」が身について、普段の生活でも積極的に人と協働して自分がやれる事があ[……]

「全文表示」

守り人日記 〜10月10日〜

穏やかな秋の午後の邸宅公開。
日曜日の公開ではガイドツアーはなく、邸宅のメンテナンスをしながら
お客様をお迎えすることが多いのですが、本日は前庭の井戸の清掃を。

底に溜まった泥を汲み上げて、新しいきれいな水に入れ替わると
きっと災害時などにも使えるいい水場になるのではないかという試みです。

お清めをして、中を覗くと、さすが矢中邸の井戸!コンクリートで壁を固められて
とてもキレイな状態です。
水中ポンプを沈めて水を汲み上げると、一部の底には泥が溜まっているようでしたが、
多くは澄んでいて全然きれいでした。

前庭の池は普段は枯れ池ですが、井戸端会議もしながら3時間ほど汲み上げた水を張[……]

「全文表示」

8月7日【表アプローチの門扉とブロック塀の解体工事】

台風の近づく8月7日(土)、矢中の杜の入り口に聳える門扉とブロック塀の解体撤去工事が行われました。

3月末に内側に版築塀を作ってから、すぐに解体したかったのですが、つくば市の危険ブロック塀撤去に係る補助申請に挑戦し、審査結果を待って、とうとう今日を迎えることができました。

工事は地元の日の丸商事さんにお願いし、朝7時半に作業開始。鉄の門扉が重機で取り外され、ブロック塀にカッターの刃が入っていきます。
時折小雨が降りましたがカッターの埃が舞うのを抑える意味ではちょうどいい天候だったかもしれません。

基礎の部分はなかなか手強く、朝から来ていたショベルカーに追加してハンマードリル[……]

「全文表示」