2019.07.20

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 3 -“矢中御殿”の所有者が変わった!!!!!とざわつく-

こんにちは。井上です。

今回は、前回記事で書いた初めて邸宅を訪れた時より、少し前の話。

どうして、私が新しいオーナーと一緒に邸宅を訪れることになったのか、その経緯について書きたいと思います。

前回の記事で書いたように、私が邸宅を初めて訪れたのは2008年でした。

その前年の2007年の春から、私は北条地区に学生の立場で関わっていました。

大学のゼミの先輩である早川さん(後のNPO初代理事長)に誘ってもらったのがきっかけで、早川さんが立ち上げた有志の学生グループ「チームごじゃっぺ」の一員として、北条のまちづくりに参加していたのです。[……]

「全文表示」

2019.06.29

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 2 -出逢いは一目惚れ-

こんにちは。井上です。

第2回は、私がはじめて邸宅を訪れた時の話。

忘れもしない、2008年11月某日。

当時、私は大学院の修士1年。

施主矢中龍次郎さんのお孫さんである株式会社マノールの矢中社長、会社の社員の方々数名、現邸宅オーナー、当時大学院生の早川さんと一緒に、空き家状態の旧矢中邸に、はじめて私は足を踏み入れました。

(この日に至るまでの経緯は、別途書こうと思っています)

そこは、まるでその空間だけ何十年も時が止まっていたのではないか、あるいは自分がタイムスリップしたのではないかと、本気で思うような、とても静かな空間でした。異空間といってもいいかもし[……]

「全文表示」

2019.05.31

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 1 -新連載はじめます-

こんにちは。理事長の井上です。

矢中の杜のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、ブログにて久々の連載企画がスタートすることになりました。

以前の連載「矢中の杜活動史」※の中では、まるで黒幕のごとく度々名前が出ては暗躍していた(?)井上が、新たな連載を担当します。

タイトルは「“矢中の杜”をはじめた守り人の話」としました。

矢中の杜の活動を最初にはじめた守り人であり、今でも現場に携わっている身として、これまでの約10年の間、矢中の杜で体験したこと、感じたことなど、ちょっとした裏話などを綴っていきたいと思っています。

「なんでこの[……]

「全文表示」