2020.06.04

【その頃の矢中の杜 ー石の建材】

矢中の杜には、大谷石や御影石も建材として多く使われています。

この写真は石工さんたちとの施工中の記念撮影でしょうか。

当時は敷地全体を大谷石の塀が囲んでいたそうですし、窓のまぐさには御影石が使われています。いまも見学の際の入り口となる玄関の階段には、大振りの大谷石が見られて壮観です。

後ろに見えるのは、当時の北条の街ですね。[……]

「全文表示」

2020.06.01

守り人日記 ~5月31日~

30日(土)は、リモートでワークショップに参加したり、草取りなど庭の整備をしたりと盛り沢山で、そのせいか写真を撮り忘れました。

この写真は翌31日に事務処理をしている時の写真です。うって変わって静かでした。

6月から邸宅公開が始まります。守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.28

【その頃の矢中の杜 広縁】

矢中龍次郎氏が腰掛けているのは、本館の広縁です。

足元の沓石は、鞍馬石と言われています。

奥の中庭の入り口はきれいな石畳だったことがわかりますね。

掃き出し窓を見ると室内側に網戸が入っているよう。6月には同じように網戸を入れる予定です。[……]

「全文表示」

2020.05.26

【6月6日より、邸宅公開を再開します】

矢中の杜では邸宅公開を行なっています。

6月6日(土)から再開いたします。

新型コロナウィルスへの対応のため、邸宅公開の内容を一部変更します。

最新の邸宅公開日、時間は矢中の杜HPのTOPのイベントカレンダーをご確認ください。

矢中の杜HP https://www.yanakanomori.org/

■6月からの邸宅公開について

当面の間、下の通り運営させていただきます。

・ガイドツアーは基本的に土曜日11時~、14時~の2回、人数を制限して行います。

・団体のご予約は、当面お受けいたしません。

・今後の状況によって、公開時間の変更や日程の[……]

「全文表示」

2020.05.25

守り人日記 〜5月23日〜

雨が降ったり止んだりの中、ぬか雑巾を使って、床や柱や建具など邸宅じゅうの木部を磨きました。こんな機会なので、普段行き届かないところまで。

ぬか雑巾の威力がすごいと、少々興奮気味になりつつ、玄関前の植え込みもスッキリさせ、ぬかの威力か、自分の手まですべすべになった1日でした。

守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.21

【その頃の矢中の杜 前庭】

矢中の杜においでいただいたときに、最初に見える前庭です。

玄関に続く大谷石の階段の一部が、右手下に見えています。

前庭は、庭石の位置などが現在とは少し違います。植栽も変化しているようです。

矢中龍次郎氏の後ろの井戸は、今もありますよ。[……]

「全文表示」

2020.05.18

守り人日記 ~5月17日~

邸宅と庭の掃除を行いました。メンバーそれぞれが敷地内で離れて作業をしているわけですが、ウグイスやホトトギスの鳴き声に混じって、箒を吐く音や雑巾掛けの音などが聞こえてきて、清々しい気持ちになりました。

今後の邸宅の公開に向けて、どのように公開していくか、の検討も。

昭和の邸宅の姿を壊さないように、家具の点数を減らしたり位置を変えたりして、すれ違う時に余裕ができるようにしてみたり。

ゆっくりと公開に向けて舵を切りました。

守り人N[……]

「全文表示」

2020.05.14

【そのころの矢中の杜 迎賓棟】

先日、連続テレビ小説「エール」に矢中の杜が出演(?)しました。

ロケに使われたのは別館迎賓棟の食堂です。お見合いのシーンでした。

写真は建設当時の別館迎賓棟の食堂です。

ロケの場面の設定は昭和5年ごろだったようですが、この写真は昭和16年ごろのよう。いい雰囲気ですね。[……]

「全文表示」