2022.05.19

【つくばね学 : 看板づくりに向けて】

5月13日のつくばね学は、奥庭の看板づくりに向けて、ワークシートを使っての現状把握に取り組みました。いつもの邸宅整備とは勝手が違い、迎える守り人も緊張しながらの時間です。

雨模様の中、邸宅の中で写真資料を使いながら、今の看板の印象などを書き出していきます。
筑波大学演習での見学も同時に行われたので、そちらの案内や解説を一緒に聞いたり、以前放送された「百年名家」の録画を見ながら矢中の杜の特徴を確認したりと、制作の手がかりになるようなものを色々と試してみました。

つくばね学は平日に行われるので、土日に公開されている時の矢中の杜の様子や私たちの活動の状況などは、生徒たちにとっては実感と[……]

「全文表示」

2022.05.16

守り人日記 〜 5月14日〜

前日から雨模様だったので、中庭の池に雨が溜まり、水が張られたようになりました。いつもは池の中の深い甕の中にいるオタマジャクシはも池に出てきていて、水が引く頃にはうまく甕にもどってくれますように。

ご見学の方だけでなく、守り人もたくさん訪ねてきてくれて、ワイワイと賑やかな時間時なりました。

ガイドツアーでは、今回も新たな公式ガイドがデビュー。

ガイドのデビューに立ち会うことになった皆様、どの回も暖かくご協力いただいて、ありがとうございます。[……]

「全文表示」

2022.05.12

【つくばね学 : 恒例!矢中の杜の衣替え】

5月6日は、ゴールデンウィークの狭間でしたが、つくばね学が実施されました。

初夏を思わせる陽気のなか3名で、この時期恒例の「建具のたて替え」をしました。

夏に向かって障子を網戸に替える作業。

窓に入っていた障子を外し、しまってあった網戸に変えていくと、すっかり室内の雰囲気が変わり、邸宅は夏の装いとなっています。

建具自体は軽いものの、奥の物入れから網戸を運び出し、それぞれの場所にあった大きさの網戸を取り付けて、今度は外した障子をしまっていくという一連の作業は、なかなか手間がかかるもの。今回もしっかり作業を終えてくれました。

昭和の邸宅である矢中の杜の建具の入れ[……]

「全文表示」

2022.05.09

守り人日記 〜 5月7日〜

雨の中、たくさんの方においでいただき賑やかな1日になりました。

4月から再開されたガイドツアーも、盛況でした。

矢中の杜は前日のつくばね学で、障子戸が網戸に立て替えられ、初夏の風情になりました。[……]

「全文表示」

2022.05.05

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 15 宝探しの醍醐味

こんにちは。井上です。

ゴールデンウイークです。久しぶりに行動制限のない連休に、浮足立ちますね。

そんな中、守り人たちは密かに宝探しを楽しんでいました。

 

宝探し、とは。

 

+++++

 

これまでにも幾度となく触れてはきましたが、邸宅には当時の家具や調度品、生活用具がそっくりそのまま、びっしりと残っている状態で空き家となっていました。

そのため、活動当初、邸宅内を掃除する際には、これらのものをすべてチェックしていくこととなりました。

 

押し入れの戸を開けると、モノがわらわら。

書棚を[……]

「全文表示」

2022.05.03

守り人日記 〜5月1日〜

午後から突然の雨の日曜日。
矢中の杜グッズを補充して並べるついでに棚の引き出しを開けてみたら、明治最後〜昭和初期の品が色々と出てきました。昭和初期にしまい込まれたまま、らくがきも雑誌も小さな宝物も、ご家族のタイムカプセルのようでした。
そのなかから福助ミシンの取扱説明書を女中部屋に出してみました。お手入れ方法まで詳しく書いてあり、よく読んで整備したら、このミシンも使える日が来るかもしれません。お手にとって読んでみたい方、ミシンの復活にご興味がある方は、ぜひスタッフにお声がけください。[……]

「全文表示」

2022.04.29

昭和レトロな品を展示

写真は矢中の杜・本館台所に展示したピッチャーなどの酒器類です。

こちらは普段は戸棚にしまってある品々。

ちょっと懐かしい昭和レトロなアイスペールやガラスのピッチャー、だるまウイスキーや金属製のコースターなどなど。

今年は普段はしまったままものを、少しづつ整理しながら展示する試みをしています。

邸宅公開でご覧いただけます。

これらの懐かしいものの情報もお待ちしています。[……]

「全文表示」

2022.04.28

【つくばね学 : 北条のまちを歩ってみた】

4月22日は、いいお天気の中、みんなで北条の町を歩いてみました。
筑波高校はすぐ近くにあるのですが、意外と来たことがなく知らないようです。

北条、特に矢中の杜周辺の探訪を実施。北側の奥庭から出られる小道や、八坂神社、北条商店街など。多気太郎さまのお墓までは時間がなくて行けませんでした。

生徒たちにはどんなところに見えたのでしょう。

反応が読めずによくわかりませんでしたが、まずはまちの様子を見てもらった日になりました。[……]

「全文表示」

2022.04.25

守り人日記~4月23日~

本日も、ご見学に来てくださった皆様、ありがとうございました!お天気も良かったので、北条散策がてらお立寄りくださる方が多く、皆様、ゆっくりじっくりご覧になってくださって、とてもディープに矢中の杜をご堪能頂けたのではないかと思います。

来月はもう五月!未だコロナ下ではありますが、そんな中でも子供たちが健やかに成長してくれること、そして、疫病退散を強く願って、五月人形とともに、本館座敷の掛け軸を、写真一枚目の「鍾馗図(北川金鱗作)」に、別館二階応接間の掛け軸は、除災招福を願って、写真二枚目の「不動明王図(信山作)」に掛け替えました。

それから、本日は、矢中の杜のガイドツアーのガイドとして[……]

「全文表示」

2022.04.21

【つくばね学 : 初日の話し合い】

4月15日、3年生になった生徒たちがやってきました。3年生前期のつくばね学の初日です。この日は2月にあった生徒たちによる中間発表を受けて、「どんなことをしたいのか」を聞き、「矢中の杜はどんなことをしているのか」を踏み込んで伝え、今後の方針を話す日になりました。

生徒たちからは、

●矢中の杜が知られていない、特に(自分達のような)若い人に知られていない。

●もっと知ってほしいから、インスタを活用したり、看板を作ったり、もっと知らせる工夫をしたい。

という話がありました。

矢中の杜からは、

●邸宅の保存活用のため、どんな考えで進めているのか。

●現在取[……]

「全文表示」