2019.07.20

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 3 -“矢中御殿”の所有者が変わった!!!!!とざわつく-

こんにちは。井上です。

今回は、前回記事で書いた初めて邸宅を訪れた時より、少し前の話。

どうして、私が新しいオーナーと一緒に邸宅を訪れることになったのか、その経緯について書きたいと思います。

前回の記事で書いたように、私が邸宅を初めて訪れたのは2008年でした。

その前年の2007年の春から、私は北条地区に学生の立場で関わっていました。

大学のゼミの先輩である早川さん(後のNPO初代理事長)に誘ってもらったのがきっかけで、早川さんが立ち上げた有志の学生グループ「チームごじゃっぺ」の一員として、北条のまちづくりに参加していたのです。[……]

「全文表示」

2019.07.18

会報「矢中の杜2018」、完成です!

会報「矢中の杜2018」が完成しました。

NPO法人”矢中の杜”の守り人では、毎年度ごとに活動の報告として会報を作成しています。2018年度分の会報が完成!
守り人会員の皆様には、そろそろお手元に届いている頃だと思います。

昨年度は、邸宅を活用した数々のイベント、庭園の樹木の伐採、TV「百年名家」の放送、そしてつくばね学の生徒たちの大活躍など、盛り沢山な一年だったので、会報の中にぎゅうぎゅうに詰まっています。

矢中の杜でご覧いただけますので、おいでの際にお手に取ってみてくださいね。[……]

「全文表示」

2019.07.16

庭倶楽部で、「つくば牡丹園」見学!

7月14日(日)に、庭倶楽部の一環で、矢中の杜の庭園整備の勉強のため、「つくば牡丹園」に見学に行ってきました。

現在は休館期間ではあるのですが、園長の関さんが対応してくださり、堆肥づくりや雑草の有効活用、菌のことなど、とても興味深いお話を伺いました。

あいにくの雨のため、園内を散策するのは少しだけでしたが、その代わり、屋内でじっくりと庭園の整備や管理についていろいろなお話を聞くことができました。

関さんの長年の研究と実践による知識の豊富さに、一同驚くばかり。

矢中の杜の庭園整備にも活かせるヒントやアイデアもいっぱいいただきました。それを活かして、矢中の杜[……]

「全文表示」

2019.07.14

守り人日記 ~7月13日~

矢中の杜の特徴の一つ、陸屋根へのハシゴが新しくなりました。

今までのハシゴが弱ってしまったのを見かねて、守り人のKさんご夫婦が作ってくれたもの。普段公開していないところで、メンテナンスが主なのですが、丈夫なハシゴに変わって感謝感謝です。

守り人N[……]

「全文表示」

2019.07.12

一緒に運営してくれる方、大歓迎

矢中の杜は、毎週土曜日に邸宅公開をしています。

ボランティアによる運営です。

一緒に運営してくれる方、大歓迎です。

文化財の保存活動というと難しそうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、そんなことはないのです。

みんなそれぞれが、「できることをできるように」やっています。

ただ、まだまだ人の手が足りません。

邸宅公開のお手伝い、やってみませんか?

見学するのとはまた違って、矢中の杜を中から眺めるような時間になります。

公開準備、受付、庭園の草取り、掃除など、ご自分のできることをできるように。

お問い合わせは事[……]

「全文表示」

2019.07.08

守り人日記 ~7月6日~

こんにちは。守り人Nです。

邸宅公開のこの日、朝一番で前日つくばね学の生徒たちがやり遂げた小川をみんなで確認しました。

守り人の私たちにとっても初めての光景。

すっかり嬉しくて、見学の皆さんに自慢した1日でした。[……]

「全文表示」

2019.07.05

7/5 つくばね学「小川発掘完結編!」

今日は、つくばね学の日でした。

4月から男子高校生3名が来てくれていますが、彼らの実習も今日が最後の回となりました。

彼ら、ついにやり遂げましたよ!!!

4月の初回から続けてきた小川の発掘作業。

こちらの想定では、前回の実習の時に到達したところまででも十分なほどだったのに、彼らの意思はそこで終わらず。

最後の最後まで、作業を続けました。

すると…。

小川の先にある、もう一つの滝の滝つぼまで掘り始め、そこにも青石が敷かれていることを発見。

さらにさらに!排水管の入り口も発見したのです!

それだけでも、こちらとしては[……]

「全文表示」

2019.07.02

守り人日記 〜6月29日〜

こんにちは。守り人Yです。

朝行くと表玄関の階段前にこんもり土が!

つくばね学、とうとう表も発掘し始めたか、と思ったら小さな地下の住人(?)の仕業のようです。(高校生はこの状態で帰りませんよね、ごめんなさい)

さすが矢中の杜の精神を引き継ぐモグラさん(もしくは蟻さん?)の工事は壮大でとても小さい体での仕事には見えませんでした。

矢中の杜の地下構造物はどうなってるんでしょうね!?自然と共生している矢中の杜へみなさんどうぞいらしてくださいませ。[……]

「全文表示」

2019.06.29

“矢中の杜”をはじめた守り人の話 2 -出逢いは一目惚れ-

こんにちは。井上です。

第2回は、私がはじめて邸宅を訪れた時の話。

忘れもしない、2008年11月某日。

当時、私は大学院の修士1年。

施主矢中龍次郎さんのお孫さんである株式会社マノールの矢中社長、会社の社員の方々数名、現邸宅オーナー、当時大学院生の早川さんと一緒に、空き家状態の旧矢中邸に、はじめて私は足を踏み入れました。

(この日に至るまでの経緯は、別途書こうと思っています)

そこは、まるでその空間だけ何十年も時が止まっていたのではないか、あるいは自分がタイムスリップしたのではないかと、本気で思うような、とても静かな空間でした。異空間といってもいいかもし[……]

「全文表示」

2019.06.25

「榎のマクラメ編みアクセサリーを作るWS」開催いたしました!

6月22日、榎のマクラメ編みアクセサリーを作るワークショップが開催されました。

榎の木片をペンダントヘッドにして、マクラメ編みでペンダントに仕上げます。

講師はmerciの實川さん。

今回は初心者でも仕上げられるデザインにしてくださいました。

ペンダントヘッドは、にれ工房さんで事前に加工したもの。コースターにもなった榎の木が、いろいろな形のペンダントヘッドとして登場したのです。

ペンダントヘッドを選んで、両脇の石を選び、ロウ引きの糸も色を選んで編んでいきます。

中心近くの太いねじねじの部分は、実は簡単なのだとか。

参加した皆さんもそのあ[……]

「全文表示」