2022.11.22

~大王松の葉が素敵な正月飾りに!~

敷松葉に続き、松葉の話題が続きます。

矢中の杜の大王松の葉が、作家さんの展示作品になりました。

 

現在、益子町の「pejite」というお店にて、植物を使った作品を手掛けておられる千田燿子さんによる正月飾りの展示会が開催されています。

実は、その展示品の一部に、矢中の杜の松葉を提供いたしました。

 

 

早速、拝見させていただきました。

特別に写真撮影を許可いただきましたので、ここで少しご紹介したいと思います。

 

 

「箒松葉」と名付けられたお正月飾り。

少し乾燥して、普段私たちが矢中の杜で目にしている深[……]

「全文表示」

2022.07.07

会報ができました

会報「矢中の杜2021」ができました。

会員の皆様への報告を主として、2021年度の活動をまとめたものです。

会報はNPO法人”矢中の杜”の守り人ができた2010年度から毎年作成しています。今回も活動の様子が盛りだくさんです。

会員の皆様、関係者の皆様には順次お送りしていますので、お手元に届く頃です。

是非ご覧くださいね。[……]

「全文表示」

2022.06.28

守り人日記 〜6月26日〜

猛暑日になった日曜日の邸宅公開に扇風機を出しました。

今年も会えたね
待ってたよ
相変わらず可愛いね

これが毎年の風物詩

と思いきや、知らなかったよ、コード巻きとりができたとは!
恐るべしTOSHIBA。昔からハイテクだったんですね。

守り人M[……]

「全文表示」

2022.06.02

5/13 筑波大学大学院世界遺産専攻演習の受け入れ

5月13日、つくばね学と同時刻に、筑波大学大学院世界遺産専攻の演習を受け入れました。

NPO理事長の出身でもある同専攻の演習受け入れは、毎年恒例となっています。

今年は修士1年生が中心となる11名の大学院生が参加してくれました。

 

最初に、邸宅の概要や矢中の杜の活動が始まった経緯を説明し、その後邸宅内を一部屋ずつ案内していきました。

今年の学生は、とにかくノリが良く、ガイドにも逐一反応してくれて、こちらも大変楽しく説明することができました。

一通り邸宅内を見学した後は、本館座敷で再び集まり(本館居間ではつくばね学の高校生が活動していました)、質疑応[……]

「全文表示」

2022.01.01

恭賀新年

旧年中は矢中の杜の活動にご支援いただき、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

難を転じ、幸多い一年となりますように。

2022年元旦[……]

「全文表示」

2021.08.13

【夏期休業のお知らせ】

8月12日(木)から8月20日(金)までの期間は、事務局の夏期休業とさせていただきます。

期間中、電話は留守番電話のみの対応となります。

メールは、いつもよりお返事にお時間をいただきます。

邸宅公開は、8月7日(土)より一時休止しています。

毎日の手洗い、マスク、密の回避など感染症対策をしてみんなで頑張りましょう。

どうぞお健やかにお過ごしください。

守り人ブログでは、日々の出来事のほか、連載企画も掲載中です。

現在『“矢中の杜”をはじめた守り人の話』を連載中です

おうち時間にぜひご覧ください。

そのほかにも

&nbs[……]

「全文表示」

2021.03.12

「平砂アートムーヴメント2020企画展」が開催

3月14日(日)から「平砂アートムーヴメント2020企画展」が開催されます。展示作品の制作に、(ほんの少しですが)矢中の杜も協力することができました。

「つくば市のアイデンティティとは何か?」をテーマとする阿部修一郎さんの作品制作に、矢中の杜の「土」を提供、他の場所の土と一緒に形づくられるそうです。

インタビュー調査にもご協力しました。

どんな展示になるのでしょうね。

平砂アートムーヴメント2020は『「他者の視点を作品によって知る」という美術の特性を⽣かし、つくばに由縁のある12⼈のアーティストがつくばの中⼼地において作品を作ることで、作家、そして鑑賞者となる市⺠がつ[……]

「全文表示」