2019.11.27

「緑の環境プラン大賞」の表彰式に出席しました

11月25日(月)、東京の「明治記念館」にて、「緑の環境プラン大賞」の表彰式に出席しました。

先日ご報告しました「緑の環境プラン大賞」のポケットガーデン部門にて受賞した国土交通大臣賞の表彰です。

第3回「みどりの『わ』交流のつどい―都市の緑3賞表彰式―」と題されたこの式典は、公益財団法人都市緑化機構および一般財団法人第一生命財団が主催する「緑の都市賞」「緑の環境プラン大賞」「屋上・壁面緑化技術コンクール」という3賞の合同表彰式。

なんと眞子内親王殿下もご臨席なさるという、大変格式ある式典でした。

受賞者(受賞団体)のすべてに表彰状を授与する時間がないため、各賞につき代表[……]

「全文表示」

2019.11.24

守り人日記~11月23日~

こんにちは。守り人Mです
今日の矢中はしっぽりと雨模様です。
寒さもぐっと増して紅葉も見頃になって
参りました。
前庭の涸れ池が濡れてとてもきれいです。
岩の上の苔が良い感じに生えていて
建て主の龍次郎さんでさえこの景色は
見られてないのだなぁと思うと
感慨深い思いがしました。[……]

「全文表示」

2019.11.19

守り人たちで遠山記念館の見学に行きました

11月17日、守り人たちで集まって、埼玉県川島町にある「遠山記念館」に見学に行ってきました。たまには、矢中の杜から離れて、知見を深めるのも良いよね、と。

「遠山記念館」は、埼玉県比企郡川島町に、日興證券の創立者・遠山元一(1890-1972)が昭和8年から2年7ヶ月の歳月を費やして完成させた大邸宅です。
建築年代としては、矢中の杜とほぼ同時代の建築といえます。

実は、矢中の杜の本館居間の襖絵と同じ柄の襖絵が遠山記念館にもあるということで、(勝手ながら)ご縁を感じており、いつか守り人たちで見学に行こう!と企んでいたのが、この度実現しました。

NPO内で声をかけてみたところ、集ま[……]

「全文表示」

2019.09.29

【宮清大蔵クラシックコンサート2019のお知らせ】

11月3日、矢中の杜のご近所、宮清大蔵コンサートのチケット発売開始です!

https://taka4027.exblog.jp/29659565/

ウィーン・フィルの名コンサートマスター
ライナー・キュッヒル ヴァイオリン演奏会

いよいよ宮清大蔵にビッグネームの登場です。45年もの永い間、世界のトップオーケストラ「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートマスターとして活躍された「ライナー・キュッヒル」氏のヴァイオリン演奏会。至福のひと時を宮清大蔵でお楽しみください。

(お申込み受付:928日(土)10時より開始 )

開催概要

日 時  : 2019年[……]

「全文表示」

2019.07.18

会報「矢中の杜2018」、完成です!

会報「矢中の杜2018」が完成しました。

NPO法人”矢中の杜”の守り人では、毎年度ごとに活動の報告として会報を作成しています。2018年度分の会報が完成!
守り人会員の皆様には、そろそろお手元に届いている頃だと思います。

昨年度は、邸宅を活用した数々のイベント、庭園の樹木の伐採、TV「百年名家」の放送、そしてつくばね学の生徒たちの大活躍など、盛り沢山な一年だったので、会報の中にぎゅうぎゅうに詰まっています。

矢中の杜でご覧いただけますので、おいでの際にお手に取ってみてくださいね。[……]

「全文表示」

2019.06.05

にれ工房でエノキコースター作り

6月2日、にれ工房(つくば市平塚)でエノキコースター作りをお手伝いしました。

木工をなさる「にれ工房」の山崎誠治さんに教えてもらいながらの作業です。

2月に伐採した榎の木。先端に近い枝を残しておいて、山崎さんに託し、時間をおいて乾燥させ、薄切りにしてもらいました。

私たちは、スライスしたコースターを、紙やすりでせっせと磨きます。

ちょっとサボったりしながらも、かなりせっせと磨きました。そのあと、矢中の杜の判子を押していきます。

先端の方のできるだけ元気なところをと思っていましたが、やはり傷みが入っていて、それが模様になっていました。そこがかえって味のある感[……]

「全文表示」

2019.05.23

もうじき総会。

矢中の杜は、NPO法人”矢中の杜”の守り人が維持管理・運営をしています。NPO法人なので、毎年総会を開催します。

総会は、昨年度の事業報告や会計報告、今年度の予算と計画などの報告をし、会員の皆さんからの承認を得る大切な節目なわけです。

現在は、もうじき開催される第9回の総会の準備が進行中。

この時期、こんなこともしているのでした。[……]

「全文表示」

2019.05.07

4/28「遠山記念館重文指定記念シンポジウム」に参加してきました

長い長い連休もついに終わり、今日から日常に戻った方も多いかと思います。

皆様、充実した連休を過ごすことができましたか?

さて、少し時間が遡り、今日は4月28日の報告です。

いつも矢中の杜で活動している守り人たち。この日は、矢中の杜を離れて、埼玉県は川越に遠征してきました!

目的は、川越駅近くのウエスタ川越ホールにて開催される「遠山記念館重文指定記念シンポジウム」へ参加するためです。

皆さんは「遠山記念館」をご存知でしょうか。

埼玉県比企郡川島町に、日興證券の創立者・遠山元一(1890-1972)が昭和8年から2年7ヶ月の歳月を費やして完成させた[……]

「全文表示」

2019.04.09

榎伐採、その後 ー榎で染め物

4月7日、この冬伐採した榎を使って、榎染めのワークショップが開かれました。

場所はつくば市の草木染工房「ぷにの家」。
染色家の飯塚優子さんに講師をお願いしての挑戦です。

榎の木の皮と枝の部分を煮出して抽出した、染液を使って染めていきます。

皮の部分と枝の部分、それぞれの染液が少し色味が違います。染液を組み合わせて、触媒にミョウバン(アルミ)と鉄液を使い分けていきます。

「どんな色が出るのかわからないので、実験のつもりでやりましょう」という飯塚さんの指導(?)のもと、それぞれに素材を選んで、結び目を作ったり、グラデーションをつけたりしながら、染液と触媒液を行った[……]

「全文表示」