「矢中の杜 秋の特別公開」のお知らせ

10月29日(土)から、「矢中の杜 秋の特別公開」を開催いたします。

3年ぶりとなる『筑波山麓秋祭り2022』に合わせての開催です。

厳しかった夏が過ぎ、秋の訪れを感じるようになりました。
「矢中の杜 秋の特別公開」では、矢中の杜に収蔵されている屏風を中心に展示をいたします。
矢中の杜ではお馴染みの南部春邦や野沢如洋などの屏風絵を、昭和の邸宅の中でご覧ください。

今回展示する屏風は通常の邸宅公開時には、展示していないものばかり!
なにしろ広げてみると大きくて迫力なのです。
この機会に施主矢中龍次郎が集めた「屏風」などを、邸宅と共にお楽しみください。

「矢中の杜 秋の特別公開」概要

■開催日:2022年10月29日・30日・11月3日・5日・6日
■時 間:11:00〜16:00(最終入場15:30)
■会 場:国登録有形文化財「矢中の杜」(つくば市北条94−1)
■料 金:邸宅維持修繕協力金500円(中学生以下無料)

*感染症の状況により変更の可能性がございます。最新の情報はこちらでお知らせしてまいります。

■ご見学の皆様へのお願い

・マスクの着用をお願いします。
・手洗い、手指の消毒などにご協力ください。
・ご来場の際、連絡先の記載にご協力ください。
・熱、咳など体調の悪い人は来館をご遠慮ください。
・靴下の着用にご協力ください。(邸宅保護のため)

「矢中の杜 」はつくば市北条出身の実業家、矢中龍次郎氏によって建てられた昭和の邸宅であり、国登録有形文化財です。豪華で華やかな一方で、懐かしさも感じさせる空間は、季節ごと、訪問ごとに新たな発見をさせてくれます。

そんな矢中の杜に広げられた屏風絵を楽しみながら、山麓の秋のひと時をお過ごしください。

【 問い合わせ先 】
NPO法人“矢中の杜”の守り人
TEL: 090-6303-4531(受付:10:00-17:00)
mail:yanaka.no.mori@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。