11/2(土)~4(月祝) 「矢中の杜の組子展」開催!

長きにわたり、書院障子や間仕切装飾として受け継がれてきた“組子”の技術。

吉田建具製作所による組子作品が昭和の邸宅に並び、風情溢れる空間を演出します。

矢中の杜の豪華な意匠とともに、木と木が織りなす日本の“装飾美”をご堪能下さい!

●日時:11月2日(土)~4日(月祝) 

 2-3日:11:00~16:00(最終入場15:45) 

 4日:11:00~15:00(最終入場14:45)

●入場料:500円

昨年9月に開催された、吉田建具製作所による「矢中の杜の組子展」の様子。
とにかく素晴らしい。
邸宅の空間と見事に調和し、どこを見ても惚れ惚れする空間となっていました
この組子の技術を思う存分お楽しみください

≪組子ワークショップ≫

組子展開催中に、日本の伝統的な麻の葉模様の組子コースター作りができます。

●日時:2日、3日    

    いずれも13:30~15:30

●参加費:2000円

●定員:各日10名 ※要予約

●申込み:NPO法人 ”矢中の杜”の守り人 事務局
 Tell :090-6303-4531(受付:10:00-17:00)
 Email: yanaka.no.mori@gmail.com

 ※お申し込みの際は、お名前、人数、連絡先をお伝えください。

※このイベントは「筑波山麓秋祭り2019」(10/26~11/4開催)の参加企画です。

先にブログでお知らせした「10月26日(土)たてもの文様+藍染ワークショップ」も、合わせてぜひご覧ください。

矢中の杜で、伝統文化に触れ、愉しむ秋をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です