雨漏り対策工事実施のご報告

9月8日(日)から9日(月)の台風15号は関東直撃でした。

被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

矢中の杜も皆様にご心配いただいておりましたが、おかげさまで大過なく台風をやり過ごしました。

実は7日(土)に、雨漏り対策工事を行っておりました。

8月の末、邸宅公開後のバケツをひっくり返したような雨が、壁の中に入り込み、本館女中部屋の西側の壁が雨漏りの被害にあいました。

日を改めて調査したところ、雨樋があふれて壁に雨水はが入り込んでしまったようでした。

早速屋根屋さんにご相談し、急遽雨漏り対策工事を行っていただきました。

屋根屋さんに迅速な対応をしていただいて、雨漏りは無事止まりました。

今後は、濡れてしまった壁をどう補修していくか検討することになります。

矢中の杜は、昭和13年から昭和28年に建てられた邸宅です。

いろいろ不具合もあります。

邸宅を利用することで不具合を見つけて補修するのが今できることです。

「長く保存活用していくために何が必要か」

しっかり見つめなければ、と改めて思います。

事務局 中村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です