矢中の杜竜巻復興の寄付に関する御礼

こんばんは。
minaです。
5月29日のブログ記事で、矢中の杜復興に関するご寄付のお願いについて告知を行ってから早1ヶ月が経ちました。
その間、多くの方々にご寄付をいただきました。
なかなかすぐに御礼を申し上げることができず、大変申し訳ありませんでしたが、1ヶ月という節目に、当NPO理事長より御礼のご挨拶を申し上げます。
********************
このたびは矢中の杜竜巻被害に際して御寄付いただきまして誠にありがとうございました。
あの信じられない竜巻から約2ヶ月、割れた窓を塞ぎ瓦礫を片付け、募金のお願いを始めさせていただいてから1ヶ月余りが経過いたしました。
その間に梅雨に入りましたが、矢中の杜は幸いひどい雨漏り等はないものの、まだ完全には落ち着かない日々を送っています。
現在、邸宅の修繕は業者への見積もりも進めて、職人さんの仕事状況を待って改修に取りかかる予定です。また被害の大きかったガラスにつきましては、伝手を頼って当時のものを探している最中です。
この度の被災とその後地域内外の方々との活動を通じて、改めて「人が集まり共に過ごす場」の大切さ・貴重さを実感しました。40年以上忘れたように北条に埋もれていた旧矢中邸が今こうして少しずつでも縁をつなぎ地域にいくらかの貢献ができていることに、私は何かを感じずにはいられません。
皆さまの御寄付は、文化遺産の保存活用を通じた地域活性化へのかかわりという、私どもの活動の始点を見直すきっかけとなりました。
そしてここからまた未来へ進んでいくための里程標として、心に刻んでゆきたいと思います。ここに重ねて御礼申し上げます。
頂戴しました御寄付は邸宅の修繕に大切に遣わせていただきます。
そのご報告は改めていたしますが、修繕の経過につきましては、私どもNPOのブログでも紹介してまいります。
これからも応援どうぞよろしくお願い申し上げます。
まだしばらく雨の続く日があるかとは思いますが、御身体気をつけてお過ごしくださいませ。
また矢中の杜でお会いできる日を楽しみにしております。
NPO法人矢中の杜の守り人
理事長
早川 公
********************
なお、寄付振込の際に、ご住所を記入された方にはお手紙にて御礼申し上げるとともに、来たる7月7日(土)の「復興!北条七夕」の短冊を同封させていただきました。
ご住所の記入がない方には、当ブログを通じて、心より御礼申し上げます。
矢中の杜の修繕は多額の費用を要し、これからも長い道のりになると思います。
今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
さて。
その「復興!北条七夕」ですが!
なんだかんだで盛り沢山な一日になりそうです!
ぜひ皆さんも短冊片手に北条のまちに遊びに来てください。
短冊は、当日北条のまちなかでもお配りします。
具体的なプログラムについては、また明日にでもお知らせしますね。
簡単にいうと、こんな感じです↓

これに加えて、屋台も2店舗出る予定です。
楽しみであります♪♪
晴れるといいなー。
それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です