守り人日記 〜8月18日〜

はじめまして、守り人Yです。
突然涼しくなり、風の通り抜ける矢中の杜に、今日は宇都宮から大谷石研究会の方がいらっしゃいました。
当時は全て手掘りだったので、この表面の模様はツルハシで削った跡だそうです。表玄関への階段に使われているサイズの大谷石はなかなか見られないとのこと。
石材の使い方にも工夫が光り、現在の専門家も納得の建物!
どうぞ色んな目線で何度でも魅力を探しに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です