【庭木剪定のご報告】

立夏も過ぎて緑がまぶしくなりました。

矢中の杜では5月1日、2日に庭木の剪定を行いました。この作業は、3月31日、4月1日に開催した「御殿まるごとマーケット2018」の入場料を使わせていただきました。

剪定前:中庭のモッコク。

剪定前:別館南のサザンカ

剪定前:中庭のモッコクは屋根を圧迫して厄介なことになっていました。

施工は東造園さん

矢中の杜の庭園には、建設当時からある庭木と、実生で発生した樹木とが共存しています。どちらも今の矢中の杜には欠かせない庭園の一部です。のびのびと成長してくれているのはありがたいことですが、伸びた枝が邸宅の屋根に接し、葉が雨樋を塞ぐなど、このまま放置すると建物に影響が出るまでになっていました。と言って、ボランティアの手では担いきれない作業です。そこで、「御殿まるごとマーケット2018」で、皆様からいただいた入場料を使って、すっきりと安全に、これからが楽しみになるような剪定作業をお願いしました。

剪定した枝葉を積み込み。中庭から持ち出すのも大仕事。

施工は矢中の杜の(特に庭園の)守り人である東造園さんです。

 

2日間にわたる作業の結果、剪定後の邸宅公開日には、廊下には今までになく日が差し、自慢の矢中式陸屋根もよく見えるようになって、以前を知っている方たちにも嬉しい驚きとなりました。本館の屋根もすっきりと現れました。

本館の座敷から見える中庭も予定以上に綺麗にしていただいて、清潔な風情の庭となりました。

このほか、実生などで予想外に育った樹木も小ぶりに剪定して、前庭も明るくなりました。
剪定後も、元気に成長(元気すぎないことを祈りつつ)し続けることでしょう。
ぜひ実際にご覧になってみてくださいね。

剪定後:別館南のサザンカ。ここまで大きいものは珍しいとか。

剪定後:別館から矢中式陸屋根がきれいに見えるようになりました。

剪定後:中庭のモッコク。中庭全体が明るくなりました。

皆様には「御殿まるごとマーケット2018」では入場料という形でご協力いただき、誠にありがとうございます。今回の剪定工事は、皆様のご協力なしではかないませんでした。
守り人一同、心より感謝申し上げます。

今後とも矢中の杜を応援してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

”矢中の杜”の守り人事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です