2019.10.03

11/2(土)~3(日)開催「組子ワークショップ」参加申し込み受付中!(〆切10/27)

11月2日~4日の3連休は、吉田建具製作所さんによる「矢中の杜の組子展」を開催します。
(詳細はこちら→「矢中の杜の組子展」

その期間中に、「組子ワークショップ」もあります!
吉田建具製作所さんのご指導のもと、日本の伝統的な麻の葉模様の組子コースター作りができます。

美しく、奥深い組子作品。
見るだけでなく、ご自身で体験してみるのもいかがでしょうか。

+++++

「組子ワークショップ」

●日時:11月2日(土)、3日(日)    
    いずれも13:30~15:30

●参加費:2000円

●定員:各日10名 ※要予約

●申込み:NPO法人 ”矢[……]

「全文表示」

2019.10.01

「たてもの文様+藍染ワークショップ」試作の時の様子

こんにちは。矢中の杜の守り人、広瀬です。

今回は、10月26日のワークショップで作るたてもの文様&藍染トートバッグを試作した時(チラシに掲載している見本写真のバッグです)の様子を書かせていただきます。

まずは型紙ですが、試作で使った文様は矢中の杜の邸宅にある文様です。

1つ目は別館にある換気口。よく見ていないと見つけられない換気口ですが、こんな所までお洒落に造られているのかと改めて建物に魅力を感じ、是非文様として取り入れたいと強く思いました!

2つ目は、台所にあるお鍋です。本館台所は懐かしさを感じるところだと思います。台所の道具達は温かみのあるフォルムで大好きで[……]

「全文表示」

2019.09.30

守り人日記 〜9月28日〜

こんにちは。守り人Yです。

今日は朝から作業小屋が解体された跡地に「堆肥スペース」作りを行いました。

矢中の杜の広い庭で出る落ち葉や雑草を有効活用しようとする庭倶楽部のプロジェクト第一弾!

あーでもない、こーでもないと賑やかに相談しながら、ミネラル豊富な大谷石のかけらも使わせてもらって、良い枠が完成しました。

動いて楽し、矢中の杜。

仲間を随時、募集中です![……]

「全文表示」

2019.09.29

【宮清大蔵クラシックコンサート2019のお知らせ】

11月3日、矢中の杜のご近所、宮清大蔵コンサートのチケット発売開始です!

https://taka4027.exblog.jp/29659565/

ウィーン・フィルの名コンサートマスター
ライナー・キュッヒル ヴァイオリン演奏会

いよいよ宮清大蔵にビッグネームの登場です。45年もの永い間、世界のトップオーケストラ「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートマスターとして活躍された「ライナー・キュッヒル」氏のヴァイオリン演奏会。至福のひと時を宮清大蔵でお楽しみください。

(お申込み受付:928日(土)10時より開始 )

開催概要

日 時  : 2019年[……]

「全文表示」

2019.09.28

9/27つくばね学で「ちょこっと型紙展示」の準備

今日は9月最後のつくばね学の日でした。彼らとの実習も3回目となります。ちょっとは慣れて来たかな?

今日の実習内容は、ゲストを迎えて、イベントの準備でした。

ゲストとは、染め作家の「ぷにの家」の飯塚優子さん。

昨日、矢中の杜のブログやFBでも紹介した方です。

10/26「たてもの文様+藍染ワークショップ」講師紹介②飯塚優子さん

飯塚さんと準備するイベントというのは、「ちょこっと型紙展示」のこと。

現在各所で配布している、矢中の杜の秋のイベントチラシにも“ちょこっと”告知してるのですが、かつて北条にあった染物屋で実際に使われていた古い型紙を、矢中の杜に[……]

「全文表示」

2019.09.27

10/26「たてもの文様+藍染ワークショップ」講師紹介②飯塚優子さん

10月26日開催の「たてもの文様+藍染ワークショップ」。午後の藍染のワークショップを担当してくださる講師の飯塚優子さん。

飯塚さんは、矢中の杜の春のイベント「御殿まるごとマーケット」に毎年出店していただいたり、かつて開催していた「手ぬぐい展」の際にワークショップをしていただいたりと、こちらも矢中の杜と縁の深い作家さんです。

以下、飯塚さんから自己紹介していただきます。

+++++

午後の藍染WSの講師の飯塚優子です。
自己紹介させて頂きます。

午前中のWSで制作した、たてもの文様に切った紙をそのまま型紙として使い、ミニトートバックに抜染という技法で型染して行きま[……]

「全文表示」

2019.09.24

10/26「たてもの文様+藍染ワークショップ」講師紹介①下中菜穂さん

開催まで約1か月となりました、10月26日開催「たてもの文様+藍染ワークショップ」。

早々にお申込みいただいた方々、ありがとうございます。まだお申込みされていない方も、お待ちしています!

今日は、午前の「たてもの文様 切り紙」のワークショップを担当してくださる講師の下中菜穂さんを紹介します。

下中さんに矢中の杜でワークショップをしていただくのは、今回で6年目となり、私たち守り人にとっても、すっかり秋のお楽しみとなっています。

江戸時代から続く「紋切り遊び」や、建築物に潜むいろいろな文様に着目する「たてもの文様」などの切り紙を通じて、日本の文化に根付く「かたち」の面白さや[……]

「全文表示」

2019.09.22

守り人日記 〜9月21日〜+23日

トランスボーダー・マンガ・リサーチグループによるワークショップ、
「マンガでトランスボーダーvol.4:
マンガであなたとつくばと世界をつなごう!」が開催されました。

9月21日〜23日の3日間のワークショップのうちの1日目。矢中の杜が会場となりました。矢中の杜がワークショップで制作するマンガの題材になります。

ガイダンスの後、守り人ガイドから矢中の杜をご案内しました。
ガイドの後はグループに分かれて、構想やスト−リーを作っていきます。

いつものガイドとは少し違って、マンガのネタに使えるのか、構想に取り入れられるかといった視点での見学ですから、質問もいつもとちょっと違うものが多く、[……]

「全文表示」

2019.09.21

9/20 つくばね学で「敷松葉」にチャレンジ&窓拭き

とっても爽やかな秋晴れの下、つくばね学の実習でした。

今日の予定は、台風や雨等で汚れていた窓ガラスの拭き掃除。
…と!
このつくばね学のメンバーで新たにチャレンジすることになった「敷松葉」プロジェクトを始動しました!

「敷松葉」とは?
冬の間、苔などが霜柱によって傷まないよう、庭に松葉を敷くこと。

矢中の杜の庭には立派な大王松があり、毎年大量の松葉を落とします。
施主の矢中龍次郎さんが存命の頃は、その松葉を冬の間は庭に敷き、春になると片づけていたそう。
松葉を片付け、庭の地面が見えると「ああ、春が来ましたね」と感じたそうなのです。
なんと風流なことでしょう。

毎年、大量[……]

「全文表示」

2019.09.19

秋のイベントのチラシ、配布中!

先日から当HPでもお知らせしていますが、10月26日から11月4日の間、矢中の杜では2つの特別イベント「たてもの文様+藍染ワークショップ」「矢中の杜の組子展」を開催します!

チラシも完成し、つくば市内を中心に、すでに各所で配布していますので、見かけたらぜひお手に取ってご覧くださいね。

綺麗な写真も必見です。

チラシ画像を掲載しますので、現物がなかなか見つからないよ~という方はこちらをご覧ください。

ワークショップはすでに参加受付始まっていますので、お申込みはぜひお早めに!

【チラシ表紙(A4二つ折りの表面)】

【チラシ内面(A4二つ折りの見開き面)】[……]

「全文表示」