北条七夕?:子ども服バザー

あまりにも昼寝好きを公言し過ぎてか、いつもお世話になっている笹のお兄さんが用事ついでに、えらく強力そうな栄養ドリンクを差し入れてくれました。
おかげさまで、昼寝することなくブログ更新できました(笑)
minaです。
さて、七夕報告第4弾は、子ども服のバザー(という言い方でいいのかな?)についてです。
いきなりなんで子ども服??となりますよね。
そこで簡単に経緯をご説明。
竜巻以後、北条街かど新聞の活動をしているメンバーの知り合いから、新品の子ども服を大量に寄贈していただいたんです。
「被災して困っている方々のお役に少しでも立てれば…」とのこと。
子ども服といっても、デパートにも出せるようなちゃんとしたものばかりで、男女両方、サイズもいろいろ揃っています。
これはどうにかしたいね、と以前からメンバーで話しており、せっかく七夕で子どもたちも集まる機会があるから、そこで出そう!ということになりました。
七夕で出すことが確定したのが直前だったので、告知が十分にできていなったのが申し訳なかったのですが、ゴブリン等を目的に矢中の杜に来てくれた子どもたちやご家族のみなさんに、お好きな服を選んでもらいました。
そして、代金はこちらから提示することはせず、募金箱を置いて、お気持ちで募金していただくというかたちをとりました。
では、写真をまとめて紹介~!!
矢中の杜の敷地内にテーブルを出して、店開き。

よく目に留まるようにと、テントを使ってディスプレイも。

お気に入りの服は見つかりましたか?

いやいや、Nくん。あなたはちょっと…(笑)

まだ寄贈された服はたくさん残っているので、今後も必要とされる方のところに届くよう、考えていきたいと思います!
みなさんも、いいアイデアがあればぜひアドバイスお願いします~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です