北条七夕?:「竜の子ゴブリン団地」のお披露目

minaです。
今のところ睡魔には負けじと、更新です。
続いては、竜巻復興モニュメント「竜の子ゴブリン団地」のお披露目について。
準備でバタバタしているうちに、続々と表の方に人が集まってきました。
時計を見てみると…
やばいっ!11時まであと少ししかない!!
と慌てて準備を続ける私たち。
そう、七夕の目玉の一つである竜巻復興モニュメント「竜の子ゴブリン団地」の除幕式は11時から行う予定でした。
少し始まる時間が遅れてしまいましたが、白い幕で覆ったモニュメントをゆっくりみなさん前に運んで、いよいよ除幕式スタート!
まずはこのモニュメント製作を始めた経緯について、僭越ながら言いだしっぺの私から簡単に説明しました(経緯については6月20日の記事に書いていますので、ここでは省略します)。

そしてゴブリン博士にタッチ。竜の子ゴブリンとは何ぞや、について説明していただきます。

そして、いよいよお披露目です!
博士の「竜の子ゴブリン!」という号令に合わせて、小学校代表の子どもたちに幕を引いてもらいます。



無事に幕が取れると、ついに完成した「竜の子ゴブリン団地」がみんなの前に姿を現しました~!
思わず拍手!

博士が最後に書いた署名はこちら。
結局「北条のみんなとゴブリン博士」ということになりました。

“団地”の前で記念撮影。

町地図ともマッチして、とてもいいモニュメントが出来上がりました!
後付けではありますが、このモニュメントを改めて見ていて、背景の半分になった町地図は、竜巻の被害を免れて残った北条の街と、これから復興して新たに築く北条の街の双方を象徴しているようにも見えました。
その前には、つらく厳しい経験をしつつも前を向いて、笑顔で交流する竜の子ゴブリンたち。
本当に素敵な作品です。
子どもたちにとって、竜巻の思い出が、傷ついた街じゃなくてこのゴブリンを作ったことの方になればいいなぁ。


この竜の子ゴブリンは、当面の間、矢中の杜で大切に保管します。
もちろん、毎週土曜日の邸宅公開の際には、みなさんにご覧になっていただけます。
そして、「北条ふれあい館」が再館したら、そちらに移設する予定です。
その日が少しでも早く訪れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です