乙女のつくば道―3日目―

こんにちは、kouです。
前回のエントリーで告知のあった「乙女のつくば道」が金曜から開催されて3日目、ようやくレポさせてもらいます。
土曜はあいにくの風と雨でしたが、日曜は天気にも恵まれて朝から大勢の方が矢中の杜を訪ねてくださいました。
その数およそ150人!
これは、矢中の杜史上2番目の数字となっています。
おかげで、邸宅内はおおわらわ。
展示企画のちりめん細工の方々、折形礼法の方々、そして土日限定カフェ企画の塩梅さんもてんやわんやで来た人をもてなしました。
そんな中で撮れたいくつかの写真から、レポさせてもらいます。
今回の企画、コンセプトはなんたって「乙女」です。
なので、乙女の琴線に触れるイベントをそれぞれ考案してださいました。
それが、本館・別館両方で行なわれたワークショップです。

見てくださいこの圧倒的な乙女率を。
矢中の杜史上かつてない濃さで、みなさん和気あいあいと和小物つくりに精を出しています。

こちらは折形の一つを実際に折ってみるワークショップです。
渡す相手に折る時間も含めてお贈りするのが折形の行動美学。
はさみを使わずできる折形は、ワークショップの参加者からため息が漏れるほど。
また、土日限定で地下室で行なわれたカフェでは乙女ランチがお迎えします。

写真は土曜日の乙女ランチ。
かわいくってボリュームたっぷりという、よくばりなお弁当でした。
(ちなみに撮影にあたって店主から「乙女力がない」とダメ出しされた僕です・・・)
こんなレポだけでは魅力を伝えきれない「乙女のつくば道」@矢中の杜は、3日火曜まで行なっております。
時間は11:00-16:00.。
11:00と14:00には邸宅ガイドもやってますので、合わせてどうぞ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です