榎の伐採工事 その後

2月25日に実施された榎の伐採工事。

おかげさまで安全に終了です。写真は工事終了後の記念撮影。皆様お疲れ様でした。

この日、リターン品始め、榎を使ったものづくりをしてくれる皆さんが、それぞれ来てくれて、新たに材料となる榎の枝を選り分けて持っ帰ってくれました。

つくば市のにれ工房の山崎さんhttp://nirekoubou.sub.jpは、木工、鉄工、彫金の工房での、ものづくりをはじめ、つくばのママ達を応援する「つくばママコン」などの楽しいイベントも開催されています。https://tukuba-mamakon.amebaownd.com

今回は「エノキコースター」と、マクラメ編みに使う「ペンダントヘッド」を作っていただきます。

伐採工事で出た枝からいい部分を選んで、トラックへ。必要な量よりも多めに持って行っていただけて、にれ工房さんで使っていただけることになりました。

この後、乾燥を待って、6月頃にリターン品の加工をする予定です。

私たちもお手伝いに行く予定ですから、今から楽しみです。

にれ工房山崎さん(右)とゴブリン博士小中さん(左)

もうひと方は、ゴブリン博士こと小中大地さん。https://konakabeya.exblog.jp

ゴブリン博士は、いろいろな場所に行き、みんなと一緒に作品作りをしています。今回の榎の伐採で残した枝を使ってゴブリンワークショップを開催してくれます。

北条では、2012年の竜巻の後「竜の子ゴブリン プロジェクト」として、竜巻で出た瓦礫をゴブリンにして、街に元気を!というプロジェクトが開催され、矢中の杜にもその時のゴブリンがいるのです。

矢中の杜の榎から、どんなゴブリンが発見されるのか。

ゴブリンワークショップは、3月30日(土)の「御殿まるごとマーケット2019」で開催されます。https://www.yanakanomori.org/?p=5816

*クラウドファンディングのリターンにはありません。当日矢中の杜においでください)

ぷにの家さんとmerciさんにももちろん見ていただいて、それぞれのワークショップへの準備も始まりました。

3月2日にはいつも通り邸宅公開がありました。伐採工事後初めての邸宅公開は、少しすっきりした中庭の景色に、まだ慣れない感じです。

クラウドファンディングも残り日数が少なくなってきました!
目標金額までまだもう一押し必要です。
皆様のご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です