「榎のマクラメ編みアクセサリーを作るWS」開催いたしました!

6月22日、榎のマクラメ編みアクセサリーを作るワークショップが開催されました。

榎の木片をペンダントヘッドにして、マクラメ編みでペンダントに仕上げます。

講師はmerciの實川さん。

https://www.facebook.com/macrame.merci/

今回は初心者でも仕上げられるデザインにしてくださいました。

ペンダントヘッドは、にれ工房さんで事前に加工したもの。コースターにもなった榎の木が、いろいろな形のペンダントヘッドとして登場したのです。

ペンダントヘッドを選んで、両脇の石を選び、ロウ引きの糸も色を選んで編んでいきます。

中心近くの太いねじねじの部分は、実は簡単なのだとか。

参加した皆さんもそのあたりは余裕です。

実はそのあとの細かい編み紐の部分が手強い作業だったのだそう。

皆さんおしゃべりしながらも顔を上げることなく、集中して編んでおられました。

出来上がったペンダントはすぐに試着して皆さん笑顔に!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

あの榎の木が、こんな素敵な形になって、みなさんのところに行くなんて、思ってもみなかったことでした。

アイデアを出して、ペンダントヘッドの作成までやっていただいたmerciの實川さん、本当にありがとうございました。

今回のこのワークショップで、クラウドファンディングのリターンは完了しました。

おかげさまで、榎の木もいろいろに活用できて、伐採というちょっと寂しい事業が、これからにつながる楽しい事業となりました。

ご協力いただいた皆様、応援頂いた皆様、この場を借りて心より御礼申し上げます。

皆様のお手元で、榎の木の思い出が長く残っていきますように。

そして矢中の杜を、これからも応援していただけますようお願いいたします。

”矢中の杜”の守り人事務局長 中村泰子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です