作業小屋解体工事のご報告

奥庭の作業小屋(解体前)

矢中の杜の奥庭には、作業小屋がありました。

奥庭の作業小屋(解体前)

古くなり倒壊の危険があったため、2019年7月、解体工事を実施しました。

奥庭の作業小屋内部(解体前)

もともと、庭師の方の作業小屋として使われていたものです。

邸宅が使われていた当時は365日、専属の庭師さんが庭の手入れをされていたのだそう。
その作業小屋だったのです。

奥庭の作業小屋便所(解体前)

残念ながら、すでに使える状態ではなく、台風の季節になる前に解体工事を実施したのです。

解体後の奥庭

奥庭の風景が変わりました。

矢中の杜の庭も少しづつ変わっていきます。

解体後の奥庭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です