守り人日記 〜9月21日〜+23日

トランスボーダー・マンガ・リサーチグループによるワークショップ、
「マンガでトランスボーダーvol.4:
マンガであなたとつくばと世界をつなごう!」が開催されました。

9月21日〜23日の3日間のワークショップのうちの1日目。矢中の杜が会場となりました。矢中の杜がワークショップで制作するマンガの題材になります。

ガイダンスの後、守り人ガイドから矢中の杜をご案内しました。
ガイドの後はグループに分かれて、構想やスト−リーを作っていきます。

いつものガイドとは少し違って、マンガのネタに使えるのか、構想に取り入れられるかといった視点での見学ですから、質問もいつもとちょっと違うものが多く、どぎまぎしつつのガイドでした。

みなさん熱心に取り組まれていて、こちらまでワクワクしてくる1日でした。

矢中の杜がどんな作品に変身するのでしょうか。
明日、本格的な作画をして作品にまとめ、23日には製本され、発表会です!

最終日・9月23日には制作されたマンガの発表会です!
23日は一般見学もOK。会場はさくら民家園(つくば市立中央公園内)です。

詳しくはこちらから。
http://transbordermanga.blogspot.com/2019/08/in.html

木野陽さんによる作品

追記:9月23日の発表会に行きました。

さくら民家園で行われた発表会、参加させていただきました。

グループごとに作成した作品を発表してディスカッションです。

どの作品も矢中の杜が源になっていて、実際に使われていた時代から空き家時代、今に繋がる話など、設定も様々。邸宅はもちろん、矢中龍次郎さんや南部春邦画伯の絵、毎年飛んでくるアゲハなど登場人物も様々。

こんなに多彩な部分を引き出していただいたとは、思わず感動で目が潤みました。

参加者は中学生から大人まで。プロの作家の皆さんのアドバイスを受けながらの作品制作で、3日間で素晴らしい作品集が出来上がりました。

参加してくださったみなさん、素晴らしい作品をありがとうございます。嬉しくてたまらないものを残していただきました。

そしてトランスボーダー・マンガ・リサーチグループのみなさん、お疲れ様でした。素晴らしいワークショップに参加させていただいてありがとうございます。

まさにトランスボーダーなWSでした。

特に矢中の杜ファンにはたまらない作品集です。矢中の杜でご覧いただけます。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です