10/26「たてもの文様+藍染ワークショップ」講師紹介②飯塚優子さん

10月26日開催の「たてもの文様+藍染ワークショップ」。午後の藍染のワークショップを担当してくださる講師の飯塚優子さん。

飯塚さんは、矢中の杜の春のイベント「御殿まるごとマーケット」に毎年出店していただいたり、かつて開催していた「手ぬぐい展」の際にワークショップをしていただいたりと、こちらも矢中の杜と縁の深い作家さんです。

以下、飯塚さんから自己紹介していただきます。

+++++

午後の藍染WSの講師の飯塚優子です。
自己紹介させて頂きます。

午前中のWSで制作した、たてもの文様に切った紙をそのまま型紙として使い、ミニトートバックに抜染という技法で型染して行きます。

2つの楽しいWSを合わせた贅沢なこの企画。せっかく作った紙の作品を使ってしまうのはもったいない気がしますが、バックに染めれば持ち歩けるのが魅力です。

この夢の様なコラボ企画。ご興味ありましたらぜひご参加ください。

+++++

プロフィール/飯塚優子


草木染の第一人者である「故 山崎青樹」氏の姪にあたり、幼少期から草木染が身近にあった。大学時代に東京で草木染をはじめたが、染料の採取から行う草木染の醍醐味を味わいたくて、つくばに移住して本格的に草木染を始め20年を超える。
最近は草木染に限らず色々な染料や技法を取り入れて、手軽で楽しい染め物を提案し、WSを中心に制作活動を行なっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です