【その頃の矢中の杜 ー石の建材】

矢中の杜には、大谷石や御影石も建材として多く使われています。

この写真は石工さんたちとの施工中の記念撮影でしょうか。

当時は敷地全体を大谷石の塀が囲んでいたそうですし、窓のまぐさには御影石が使われています。いまも見学の際の入り口となる玄関の階段には、大振りの大谷石が見られて壮観です。

後ろに見えるのは、当時の北条の街ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です