【つくばね学:庭の道を復活させよう】

10月2日のつくばね学、生徒たちは、大きな任務に取り掛かり始めました。

矢中の杜の庭は、傾斜地を利用しており、邸宅側の庭の小道の他に、庭の階段を上がった高い位置にも小道があります。上下の小道が階段でつながって、回遊式になっているのです。

この高い位置にある小道を整えて、回遊できる庭の道を復活させるのが今年の目標です。

まずは、あるはずの飛び石を掘り出すこと。

そのための道具を自分たちで考えて選び、作業開始です。

秋の日差しがまだまだ強く、ターフの下で道具を選んで、道作りに取り掛かります。

お願いするこちらも手探りで、まだまだこれからですが、確実に始めてくれました。

これから色々工夫をしながら作業を進めていくことになります。

みなさま、生徒たちをぜひ応援してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です