【つくばね学:敷松葉の準備が着々】

11月27日のつくばね学は、小道の整備と松葉拾い、敷松葉予定地?の整備と盛り沢山でした。

実は別の地域からの視察があって、取り組みの説明もあってのこと。
メインの作業は敷松葉を敷くスペースの整備です。

矢中の杜のアプローチから内門に至る手前の部分に、敷松葉をする予定です。笹が茂っていてこのままでは敷けないため、まずは整備を実施しました。

草刈り鎌や、刈り込み鋏を使っての作業で、使い慣れない道具に手こずる様子もありましたが、すっかり綺麗になりました。

大変寒い日でしたが、生徒達はものともせず、さすがです。

今年の作業はこの日が最後で、敷松葉の作業は新年が明けてからになる見込みです。

今年は生徒達にも厳しい年であっただろうかと思いますが、つくばね学がひとつのいい経験になっていてくれますように。

そして、とにかく年明け、みんなが無事に出席してくれますように。

敷松葉、楽しみにしていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です