【つくばね学 : 後輩たちも見学】

6月24日、暑い中でのつくばね学になりました。

看板づくりのワークシートをまとめたものを生徒たちに渡し、簡単な感想などを伝えました。

つくばね学の演習で矢中の杜に来るまでは、矢中の杜のことは知らず、どんなところかも、先生からの説明によってしか知らなかったそう。実際に矢中の杜に来てみて、まず一番に思ったことが「広い!大きい!」だったどうなのです。

うんうん、確かにね。

敷地に入ってからも全容が見えない矢中の杜は、それこそまず1番の印象なのだろうなと納得しました。
後期には複数の看板案を見せるねと約束をして、作業の時間に。

暑い1日だったので、室内での会報の製本作業と、屋外での水路の整備を交代で。
チーム分けをするあみだくじでワイワイ言いながら、無理のないよう作業をしていきます。

作業中、後輩の2年生が、次回の実習先の視察見学にやってきました。

40名以上いたでしょうか。邸宅のことや先輩たちがやってくれたことを、ざっと説明をしていきました。

作業中の生徒たち(3年生)がやっぱりちょっと先輩に見えて、興味深く感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。