守り人日記 〜 7月16日〜

雨が降ったり止んだりの蒸し暑い1日でしたが、たくさんの方に見学いただきました。ありがとうございます。

午前中はNPO法人龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会の皆様が来場。ガイド中、保存活動の様子にも話が及び、わたしたちもいい機会をいただきました。

午後は、また別の方達が、矢中の杜を目指してきてくださいました。
和やかな雰囲気で熱心に見ていただいて、嬉しい1日でした。

写真は展示中の所蔵品である蓋付のお茶碗。
蘇軾による「前赤壁賦」の冒頭が描かれています。

漢詩も学んで教養を深めた龍次郎さん、スラスラ読めたのかしらと想像してしまいます。

守り人N

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。