守り人日記 〜12月18日年末大掃除〜

毎年恒例の年末大掃除の日でした。
いつもは手が回らず行き届かないところをしっかりと。今年は特に本館居住棟をみっちり2時間の大掃除となりました。

まずは部屋ごとの埃落としをして隅々まで念入りに埃やゴミを取り除きます。はたきをかけると、邸宅の天井や壁の状況がいつもより良く観察できて、掃除は保存のための重要な仕事だと再認識できました。

南側の窓は、高低差があってふきあげにくい箇所もあり、普段なかなか手が出ませんが、この機会に脚立を使ったり、窓を取り外したりして、念入りに吹き上げます。ガラスはピカピカになり、五層窓の周辺も清々しくなりました。

庭ははびこっているススキを刈ってスッキリと見晴らしが良くなりました。

廊下はぬか雑巾を使って仕上げ。
神棚の掃除をして、しめ飾りも飾って新しい年を迎える準備ができました。

大掃除の後は、簡単な懇親会を開きました。お弁当を食べ、差し入れの手作りクッキーやケーキ、お饅頭など盛りだくさんでおしゃべりしながらのひととき。スッキリした邸宅の中でいい活動納めとなりました。

年内の活動は、この大掃除で終了です。今年もお世話になりました。
年明けは、1月7日(土)から邸宅公開が始まります。
皆様、良いお年をお迎えください。

表の道路際に置いている自転車ラックもリニュアルされました。使いやすくなったはず。いつでもご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です