4/19「つくばね学」で小川跡の発掘!!

今日は先週に引き続き、「つくばね学」の日でした。

先週綺麗にした池に繋がっている、小川跡の発掘作業です。

かつては築山の脇を小川が流れていたのですが、池同様、今はその部分に土砂が積もり、雑草が生えてしまっています。

実はこの小川の部分、すべて石畳のように石が敷いてあるのです。

今回のミッションは、その小川の敷石を発掘すること!

つくばね学が始まる前に、午前中からボランティアで小川部分の草取りをし、高校生が来たら、彼らに土を掘って別の場所に運んでもらいました。

今日で発掘完了、とまではいきませんでしたが、小川の半分が発掘できました!!

庭の景色が、ぐっと引き締まりました。

彼らのがんばり、ぜひ綺麗になった庭を通じて感じてみてください!

黙々と、発掘、発掘
反対方向から撮ってみたの図。手前にはまだ土がいっぱいです
作業前の小川跡(写真中央部分の溝のところ)
草取り&発掘後。なんとスッキリしたことでしょう。

ちなみに、矢中の杜の“庭の主”も、今日のメンバーのがんばりを石の陰からそって見守ってくれていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です