ご一緒に昭和の邸宅の秋を楽しみましょう!

筑波山麓秋祭り2019に合わせて、矢中の杜でもいろいろなイベントを準備しています。

イベント情報が続々ですが、今回は、一緒に運営をしてくれる方募集のお知らせです。

難しいことは考えず、矢中の杜で来場者をお迎えしたり、ワークショップを一緒に運営したりする体験をしてみませんか。

見学するのとはまた違って、矢中の杜を中から眺めるような時間になるはずです。

10月26日(土)は「たてもの文様+藍染ワークショップ」

切り紙研究家の下中菜穂さんによる「たてもの文様 切り紙」と、ぷにの家の飯塚優子さんによる「藍染」を組み合わせたワークショップです。

10月27日(日)は、日曜ですが、邸宅公開を行います。

11月2日、3日、4日の3日間は、「矢中の杜の組子展」

吉田建具製作所による組子作品が、昭和の邸宅に並び、風情あふれる空間を演出します。
組子コースター作りのワークショップも開催!

ちょっとやってみたいなと思ってくれたなら、事務局にご連絡ください。

yanaka.no.mori@gmail.com

矢中の杜は、邸宅公開や邸宅の整備などボランティアによる運営を行っています。

文化財の保存活動というと難しそうと思われかもしれません。

でも、そんなことはないのです。

みんなそれぞれが、「できることをできるように」やっています。

ただ、まだまだ人の手が足りません。

試しに一度、やってみませんか?

あなたのご都合の良い日に!

一緒に秋の矢中の杜をじっくり堪能しましょう。

お問い合わせは事務局まで

yanaka.no.mori@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です