筑波山麓秋祭り2019報告②11/2-4「矢中の杜の組子展」

筑波山麓秋祭り2019の報告、第2弾は11月2日~4日の三連休で開催した「矢中の杜の組子展」です。

新潟の吉田建具製作所さんによる、大小様々な組子作品が、邸宅内の随所に展示されました。

木と木が織りなす日本の装飾美。

その美しさと、超絶技巧ぶりは、見学者からは思わずため息が漏れるほど。

吉田建具製作所さんには昨年も組子展をしていただきましたが、今回は新たな試みとして、「組子ワークショップ」と「よしだのたてぐ教室」を開催していただきました。

「組子のワークショップ」は昨年の組子展の時に、ぜひ組子を体験してみたいと思った守り人たちからの熱い要望に、吉田さんが応えてくださったもの。

伝統的な麻の葉模様のコースター作りを体験できるワークショップが実現しました。

2日間の開催でしたが、おかげさまで2日とも満員御礼!小さいお子様も含めて、皆さん楽しんでおられました。

麻の葉コースターは、自分で作るキットや完成品もお土産で買えるよう販売していただいたので、そちらを購入して家でもやってみる、という方も多かったです。

「よしだのたてぐ教室」は、吉田さんによる、組子の技術に関する説明や、矢中の杜に実際にある建具や組子に関する解説などを行う、ギャラリートーク的な企画でした。

こちらは毎日開催。

「こういうのは初めてなので…」と不安そうな吉田さんでしたが、始まってみたらなんのその。とてもわかりやすく、聞きやすい解説で、惹き込まれました。

参加された方からも大好評でしたし、私たち守り人にとっても勉強になる時間でした。

こちらの要望に快く応えていただき、素晴らしい展示会を実現してくださった吉田建具製作所さんには、心より感謝しております。

おかげさまで、守り人も、お客様も大満足の3日間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です