庭倶楽部チャレンジ記 〜道を切り拓く〜

6月6日(土)、7日(日)、14(日)に
隊員Kさん念願の稲荷神社までの道の開削にトライしました。
矢中の杜の北西の塀の裏を通って、北条小の南にある稲荷神社までの道
腰の高さほどある草や、真っ正面を塞ぐ竹で、まさに道なき道。

初日は3人で草刈り機、チェンソー、ノコギリ、鉈とハサミで
手当たり次第に突き進むこと3時間。

道なき道が、道らしく見えてきました。

翌日、1人で入口からの直線、ドクダミとの闘い。
こう見えて、結構長い直線です。角まできっちりと。

1週空いて、仕上げの日は3人で朝6時からエンジン音を響かせてのチャレンジ。
ご近所さま、どうもお騒がせいたしました。

開削後のこの達成感いっぱいの顔!
そのままかかったエンジンが止まらなくなり、奥庭の草取りまでやってしまいました。

切り拓いた道がまた覆われないよう、今後も定期的にお手入れする予定です。
多くの人が踏みしめ、通り抜けることで、もっといい道になるでしょう。
みなさん、ぜひ通ってみてください。

矢中の杜を起点にした散歩道にできるか、次はどうしようか、いろいろとアイディアが出てきています。
庭倶楽部のチャレンジはまだまだ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です