石段工事中

矢中の杜の庭は、前庭、中庭、奥庭と呼んでいるエリアがあり、それぞれ高低差があります。前庭から中庭に通じる石段が、この2月の地震を機に、傾きが生じておりました。

以前から周辺が下がり気味だったこともあり、心配していましたが、通行が危険なほどの傾きになりました。今この石段を修繕していただいています。

矢中の杜の敷地は南の北条商店街の道路と北の旧北条小学校への道路とに面していて、敷地を通り抜ければ、その二つの道が繋がります。いつか通り抜けができるようにして、庭そのものを楽しめるようにと活動を進めています。

一つ問題をクリアするとどこか別のところに不具合が…という風で、なかなか安心はできませんが、不具合が一気にくることはないのがありがたいところかもしれません。

石段の修繕ももうじき完成予定。東造園さんが、しっかりした石段を軸にした石畳を作ってくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です