【つくばね学 : 実習の最終日】

7月8日、つくばね学の日でした。
昨年9月から来てくれている生徒たちの最後の実習日です。
中庭の整備をお願いしました。草取りと掃除。暑い中ありがとうございました。

最終日ということで、作業後は茶話会の時間に。
お疲れ様の気持ちを込めて、ご近所のエクレール林家さんのケーキを食べながらおしゃべりの時間になりました。内緒で準備していたので、驚いたようですが、喜んでもらえて、こちらの感謝も伝わったかな。

高校生にとっては、文化財の保存とはいえ、松葉を拾ったり、草取りや庭の整備をしたり、ぬか雑巾を使ったりは、非常に地味で、もしかしたら退屈だったり、きついだけだったかもしれません。

でも作業後の邸宅を見るこちらとしては、しっかり整備されていて、本当にありがたいと毎回毎回思います。(ちょっと力を抜きながらやっている様子も、高校生らしくてホッとしたものです)りっぱに保存活動に協力してくれました。

2年生の後半から3年生の前半の1年間、お疲れ様でした。ありがとうございます。
後期の3年生は座学で実習をふりかえる作業に入り、その中で、取り組んできた看板の具体案の絞り込みにも協力してもらう予定です。

*写真は以前の再掲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。