【12月17日「クドウ・シゲノリ・フルートアンサンブル」開催!】


世界的演奏家による蔵でのコンサートが好評を博している「宮清大蔵」クラシックコンサート。
コロナ禍では開催が困難なため、会場をノバホールにかえ、

工藤重典と5人の最強フルーティストによるコンサート
「クドウ・シゲノリ・フルートアンサンブル」

が開催されます。

【コンサート概要】

トップフルーティスト工藤重典によるクドウ・シゲノリ・フルートアンサンブル

出演
工藤重典ほか
岩佐 和弘 / 梶川 真歩 / 神田 勇哉 / 瀧本 実里 /山内 豊瑞

会場:つくば市ノバホール

日程:2021年12月17日(金)

開演:18時30分(開場17時30分)

全席自由 大人2,000円 小中高校生無料

問い合わせ&チケットの申込先 
080-6788-0693(北条街づくり振興会)9時~17時

詳しくは 「つくば道 北条さんぽ」のサイトをご覧ください。

http://www.tsukuba-hojo.jp/08topics.php#?eid=00449

主催:北条街づくり振興会 
協力:つくば市商工会
後援:つくば市教育委員会/(財)若林暢音楽財団
”音楽と芸術で街づくり”継続的な文化活動の支援事業〔文化庁〕

2018年に開催された「つくばフルートコンクール」の審査委員長を務めた工藤重典氏は、日本のフルート界を担う才能豊かなフルーティストを育てる活動も行っております。このコンクールで2位に入賞した瀧本実里さんは、翌年には東京音楽コンクールと日本音楽コンクールで優勝し、若手で最も期待されるフルーティストの一人です。

愉しい音楽の話と共に
べートーヴェンの「トリオ」
モーツァルトの「ディベルティメント」、
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」
などが演奏されます。

この日の演奏会は小・中・高校生は入場無料です。
ぜひご家族お揃いでお楽しみください!

工藤重典/shigenori Kudou Profile
恩師ランパルと演奏したCD、「夢の競演」が文化庁芸術祭賞を受賞。
ほかに京都芸術祭賞、村松賞、仏コルマール名誉市民賞などを受賞。
1980年、第1回JPランパル国際フルートコンクールで優勝。
同時にフランス大統領賞も受賞。
現在、東京音楽大学教授、昭和音楽大学客員教授、パリエコール・ノルマル教授として、後進の指導にもあたっている。
パリ国立高等音楽院を一等賞で卒業し、23歳の若さで第2回パリ国際フルートコンクールに優勝。ランパルに認められ世界各地で演奏する。パリ、ロンドン、ウィーン、ミラノ、ニューヨーク、モスクワ、ミュンヘン、東京など世界各地でソリストとして演奏してきた。ディスコグラフィーは、マイスターミュージック、エラート、ソニークラシカル、フォンテック、ナクソスレーベルなどからリリースされ、70タイトルを超える。
秋山慶、岩城宏之、井上道義、小澤征爾、外山雄三、尾高忠明、佐渡裕、またJPランパル、M.ロストロポーヴィチ、K.ペンデレツキ、J.Fパイヤール、ネヴィル・マリナーなどの名だたる指揮者と60曲以上のフルート協奏曲を演奏してきた。

#宮清大蔵クラシックコンサート
#宮清大蔵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です